高値で売られた10人の処女

母親の薬代の支払いのためだったり、テレビ番組の賞金として純潔を提供したり。
信じられない高値で処女を売った10人の女性を紹介する。

10. アリーナ・ペルセア
ルーマニア人の若者、18歳のアリーナ・ペルセアはコンピュータ学位を取得する学費を支払うために、自らの処女を14,900ドルで売った。
彼女は2009年に2週間かけてインターネットオークションでこの取引を完了させた。
落札者である45歳のイタリア人実業家は、アリーナを航路でヴェニスに招待し、近くの5つ星ホテルで彼女のVカードの封印を解く前に、ワインに食事、名所案内と贅沢にもてなした。
ードが台無しになってしまうため、そのようなことは聞かなかった。

9. シャトゥニーハ
18歳のシベリア人の女の子がロシアのオークションサイト’24.au’を使って、彼女自身をオークションに出品した。
自分に1番高い値を付ける男を純粋に探したのだ。
投稿名はシャトゥニーハ、彼女のニックネームだ。
彼女はサイト上にこう記した。

8.エリザベス レイン
エリザベス・レインは2014年に自身が作成したウェブサイトで注目を浴びた医学生だ。
そのウェブサイトとは、彼女の処女を売るというものだ。
それは驚く程によく出来たオークションサイトで、入札を管理する会社を宣伝するリンクが含まれていて、全てのページには契約条件が記載されていた。

7.ラファエラ・フィコ
イタリアのテレビ番組’Big Brother’のスター、ラファエラ・フィコは話題に事欠かない。
彼女は、イタリアの首相シルビオ・ベルルスコーニ氏のセックススキャンダル’bunga bunga’に関係していて、
最近では、サッカー界のスーパースター、マリオ・バロテッリの子を妊娠したとニュースの一面に取り上げられた。

6.レベッカ・バーナルド
2013年、ブラジル人の10代の女の子レベッカ・バーナルドが寝たきりの母親の薬代のために自分の処女をオークションに出品するとYouTubeで発表した。
母親は、脳卒中で倒れ、レベッカ以外に身寄りがいないらしい。
レベッカの話によると、治療代は高額で、普通の18歳の女の子がバーガーショップの稼ぐアルバイト代ではまかなえないそうだ。

5.グラシエラ・ヤタコ
ペルー人モデルのグラシエラ・ヤタコは2005年に処女を出品するオークションを流行させた名誉ある女性だ。
彼女が18歳の時、母親の薬代と弟の授業料を支払わなければならなかった。
彼女の家族は非常に貧しかったので、彼女は2万ソルで処女を買ってくれる人を地元の新聞で募集した。

4.ユニガール
ユニガールとして知られるニュージーランドの学生が、2010年に世界中の注目を集めた。
彼女は自身の処女を4万5千ニュージーランドドル(約340万円)という破格の金額で売ったのだ。
彼女は’iNeed’というオークションサイトを介して処女を売り、どうやらそのお金を大学の教育資金に使ったらしい。

3.ロージー・レイド
2004年、ロンドン出身の18歳の女の子ロージー・レイドが44歳の男性に1万3300ドルで処女を捧げた。
ビリストル大学に行くためにお金が欲しかったからだと報じられたが、きっと授業料の支払いだけでなく、そのお金で新しい靴も買っただろう。
彼女の宣伝広告は2千人以上の入札者を惹き付けた。

2.カタリーナ・ミグリオリーニ
2012年10月、物理学を専攻する20歳のブラジル人カタリーナ・ミグリオリーニは’Virgins Wanted’と呼ばれるオーストラリアのドキュメンタリー番組の中で処女を売ろうとした。
見事買い手となったのは日本人男性だった。
彼はたかが性交渉のために破格の78万ドルを提示した。

1.ナタリー・ディラン
2008年の9月あなたはどこにいた?
‘The Howard Stern Show’であなたの処女をオークションに出品すると発表していた?
22歳のナタリー・ディランはしてたよ!

BGM:
Gee – Smooth Jazz


https://twitter.com/Geemeeofficial/

https://www.facebook.com/Geemeeofficial

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です