世界を終わらせていたかもしれない10の科学実験

地球や宇宙の生命の秘密を追い求めて、人は常に未知の領域に足を踏み入れ、人類の可能性を広げるのに役立つ知識を得てきました。
しかし、その過程で思わぬ誤算が生じたり、危険性を承知しながらプラスの結果を導くためにあえてリスクを冒したりすることもあります。
長年の間、人はそのような多くの実験によって自然界を変化させてきましたが、もしかしたら変化に留まらず今私たちが生きているこの世界を滅亡させていたかもしれない実験もあります。
そのような実験について10例をご紹介しましょう。

1. スターフィッシュ・プライム
2. スーパーバクテリア
3. 大型ハドロン衝突型加速器
4.コラ半島超深度掘削坑
5. イネいもち病
6. マーキュリー計画とボルケーノ計画
7. SETI―地球外知的生命体探査
8. ペスト兵器化
9. トリニティ核実験
10. 暗黒物質仮説

BGM:
“Courage of Nations” by Marcus Neely

Licensed under Creative Commons Attribution 3.0
https://creativecommons.org/licenses/by/3.0/
“Digital Fortress” by Per Kiilstofte
https://machinimasound.com/music/digital-fortress
Licensed under Creative Commons Attribution 4.0 International
(http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です