日本の風邪治療は、40年間 何一つ変わっていない

疲労評論家:梶本修身によると

日本の医療は、技術も研究開発も世界最先端

しかし、

日本の風邪治療は、40年間 何一つ変わっていない

中国人が風邪で診察に来たので良かれと思い、

葛根湯を勧めたら、怒り出し「アスピリンをくれ!」と言い出した。

世界の漢方薬の消費割合は、

日本:約90%、中国:約2%

漢方薬は、ほとんど中国で使われていない。

医師が風邪の治療に葛根湯を出すのは、日本くらい。

欧米人の風邪治療に抗生物質を出すとヤブ医者だと思われる。

抗生物質が風邪のウイルスに効かないことは海外では常識。

日本の制度で風邪の治療法は、

抗生物質を出すか?葛根湯を出すか?

一律的に限られてしまっている。

日本では革新的な医療技術が開発されているのに、

臨床現場では活かされていないのが現状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です