ショッキングな描画のヒント27選 || 錯覚、3Dの描き方、ワン・ストローク・ペインティング

アーティストとしての腕前を上げるためのアートのチュートリアル

今日は、色んなテクニックを使って、イラストレーターやグラフィックデザイナーになるためのヒントやコツをご紹介します。 これらのテクニックは、写実主義の腕前を上げるためにも役立ちますよ!
幾何学的な文字を描いてから、マーカーで色を塗って、線を引いて奥行きをつければ、文字が3Dに見えるんです! さらにリアルに見せるために、上部の端をカットしてみましょう!
もう1つの素晴らしいトリックは、線を使って、ノートに錯覚画像を描くというもの。 普通の紙に平行な線を描いて、真ん中に模様を描きます。 そして、これらの線を下に伸ばして、反対側の下の線とつなげてください。 そして、3Dに見せるために、影を描いて奥行きを与えちゃいましょう!
錯覚画像の綺麗な模様を描く方法もいくつかご紹介します。
この動画を最後まで見て、マーカーを使ってオプ・アートを描くテクニックにもチャレンジしてみませんか?

タイムスタンプ:
00:07 – 錯覚画像の描き方
02:12 – 窓の錯覚画像の描き方
03:48 – 3Dの階段
05:18 – 2Dから3Dへ
07:38 – 紙の上の立体画像
09:21 – ストローク・ペインティングのテクニック
11:27 – 綺麗な牡丹の絵
こちらの動画は、娯楽の目的で撮影されたもので、当社は安全性や信頼性についての責任を負う事ができません。ご自身で試される場合は視聴者様ご本人の責任、監視下で行なってください。当社は損失、損害についての責任は一切負う事ができません。十分注意した上、ご自身の責任で行なってください。

全動画は安全な環境の下、役者を使って撮影されております。試される場合は視聴者様の責任、監視下で行なってください。

___________________________________________________________________

楽しいDIY企画、クラフト、楽しいDIYを体験しましょう!

オフィシャルチャンネル

「5分でできるDIY」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:http://bit.ly/2BhbztW

「5分でできるDIYキッズ」は、こちらからチャンネル登録をお願いします:https://bit.ly/2JxnfgO

驚きの事実と便利なヒントが満載の「ブライトサイド」は、こちらからチャンネル登録をお願いします: http://bit.ly/2DsFPDw

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/
画像: https://www.depositphotos.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です