ラップトップのアダプターが大きい理由

ラップトップのアダプターはなぜ大きいのでしょう? 謎のブラックボックス…。ラップトップ用の大きなアダプターをコンセントに差し込む時に考えてしまいますよね? 「一体何のためなんだろう」って? 今日は、ラップトップに関する事実をご紹介します。 例えば、「別のラップトップのアダプターを使っても大丈夫なのか?」 ということや、「なぜラップトップのアダプターは熱くなるのか?」などなど…

ところで、初期に開発されたラップトップの中に、1981年にリリースされた、オズボーン・ワンがあったことをご存知でしたか? ボウリングボールよりも重くて、小さな白黒の画面は、トランプと同じくらいのサイズでした。 さらに、当時は、専用のバッテリーが開発されていなかったので、コンセントに接続したまま使わなければならなかったのです。 でも、このおじいちゃんコンピューターは、ケースに入れて、持ち運べるという理由から、当時は「ポータブル」と呼ばれていたんです。

#ラップトップ #ガジェット #ブライトサイド

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:大橋コユキ(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です