貧しく育ったことが分かってしまう習慣とは

貧しく育ったことが分かるのってどんな時でしょう?そして、貧困家庭に育ったことでどんな影響が出るのでしょうか。何かを決定する時ってほとんど、自動でやっているように感じませんか?これは幼少時代に形成された習慣的行動、つまり自分で受け入れることを決めたわけではない習慣の為なんです。貧しく育ったわけではなくても、周りにそう思われる可能性があるんですよ。

例えば、貧しく育った人はファイナンシャルプランニングについて知らない人が多いのです。また、何かを無料で差し出されたとき、それをもらうのを恥だと思います。今はお金があるとしても、過去に味わった貧しさは一生付きまとってきます。貧しい生い立ちを恥じ、今は経済的に困っていないことを示すため、高価なプレゼントを買います。

#裕福な人々 #悪い習慣 #ブライトサイド

プレビュー写真のクレジット:

ロシアのトゥーラ – 2019年1月24日: AppleのAirpodで音楽を聴く幸せそうな女性 By Burdun Iliya/Shutterstock.com, https://www.shutterstock.com/image-photo/tula-russia-january-24-2019-happy-1482054467

アニメーションはブライトサイドによる。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です