エレベーターにある小さな穴の正体とは?

現在、アメリカ合衆国だけでも100万台以上のエレベーターが、上へ下へ人々を運んでいます。これらのエレベーターは、毎年約22億キロを移動し、180億人の人を運んでいます。みなさんは、この垂直移動するカゴについて全て知っていると思われているかもしれません。しかし、エレベーターのドアにある小さな穴には気づいたことがありますか?

人生で最もタイミングの悪い瞬間にエレベーターから出れなくなってしまったとしましょう。エレベーターが自分のフロアについたのに、ドアが開きません。機械が誤作動を起こしたのか、電気系統がダウンしたのかもしれません。この場合、外に出ることは簡単ではありません。できることといえば、エレベーターの整備士が来てくれるのを待つしかありません。最終的に整備士がやってきましたが、次はどうなるのでしょうか?

タイムスタンプ:

整備士がドアを開ける方法 1:19

落ちていくエレベーターで助かる方法 3:13

エレベーターに関するハリウッドの神話 3:48

VIPステータスで快適エレベーターの利用 4:34

エレベーターが発明されなかったら 5:28

古代のエレベーター 5:57

世界で最も利用されるエレベーター 7:18

世界最長のエレベーター 8:44

世界最速のエレベーター 9:28

#エレベーター #驚きの事実 #ブライトサイド

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です