現代の飛行機に見られないもの

現在の空の旅は、昔に比べて安くて速くはなりましたが、機内は常に満員で、フライト自体がかなりストレスの溜まる経験になってしまいました。 チェックインとセキュリティに何時間もかかり、小さな座席に押し込まれる上、機内食もマズくて食べられたものではありません。

過去の10年間でフライトがどのように変化したのかを疑問に思ったことはありませんか? でも、本当に昔のフライトの方が現在のものよりも良かったのでしょうか? 1940年代の、ボーイング・ストラトクルーザーは、傾けられるだけでなく、ベッドにもなる座席がありました! さらに、一部の飛行機には、本物のピアノが乗せられており、飛行中にライブミュージックを楽しむこともできたのです!

タイムスタンプ:

ベッド 0:29

うるさいプロペラの音 1:01

長い旅 1:49

乗れたのはお金持ちだけ 2:31

イブニング・ウェア 3:05

ピアノ 3:44

フルコースの食事 4:09

信用できない手荷物の保管方法 4:48

貴重なスペース… 5:23

四角い窓 5:57

カーテン 6:31

家庭的なタッチ 6:58

トイレ 7:34

見かけが同じに見える客室乗務員 8:00

手紙とはがき 8:26

素早いチェックインと搭乗 8:55

手荷物の受け取り 8:29

#飛行機 #航空 #ブライトサイド

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です