数多くのロゴが赤い理由

ファストフードのお店から小売店まで…。多くのロゴに赤が使われていることを疑問に思ったことはありませんか?スマホにコンピューター、ビルの壁やあなたの立っている床まで・・・どこに行っても目に入るこの色…。ロゴはまるで我々の生活の一部ですよね。でも、そんなロゴにも秘密があるって知ってましたか?なぜロゴは必要なのでしょうか?

爆発的にロゴが使われだしたのが1950年頃。伝説のグラフィックデザイナー、ポール・ランドが、独自のアイディアで、あのIBMロゴを生み出したのです。このことをきっかけにして、あらゆる場所でロゴが使われるようになりました。町中は色や看板、アイコンなど、文字に頼らず意味を伝えるありとあらゆるもので溢れかえりました。そして赤が多く使われるのには理由があるんです!

タイムスタンプ:

古代エジプトのロゴ0:41

印章は現在の動物をモチーフにしたロゴ1:32

中世のロゴ 2:22

活版印刷の登場 4:06

なぜ赤なのか? 5:23

青と緑のロゴはどうなのか? 6:54

隠された秘密 7:46

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です