旅客機の操縦士と副操縦士は違う機内食メニューを食べる?

仕事中窓からの眺めは最高。世界を股にかけて、場所から場所へとたくさんの人を輸送しています。

そうさ僕はタクシードライバー。

ではありません。今回のテーマは旅客機のパイロット。

滑走路までは走行をしますが、とにかくパイロットは経験がなくてはならず、厳しい条件を満たさなくてはなりません。

そんな彼らが機長の椅子に座るまでには、結構長い年月がかかるんです。

文字通りプロ中のプロ。彼らにはエキサイティングな秘密がたくさんあることでしょう。

タイムスタンプ:

1.機長の権限は結構スゴい 0:43

2.操縦士の着陸技術は折り紙付き 1:10

3.飛ばすことができる機体は一種類のみ 1:40

4.通勤のスケールがデカい 2:08

5.結構いろいろ見せてくれる 3:00

6.自動操縦じゃ操縦士の代わりはできない 3:24

7.操縦士の教育費はお高い 4:09

8.操縦士はタダで飛べる 4:57

9.試験がとにかく多い 5:26

10.副操縦士も能力は同レベル 6:02

11.操縦士と副操縦士は違う機内食メニューを食べる 6:41

12.機体下部に貨物室はない 7:24

13.操縦士だって空港は迷う7:53

14.コクピットって案外退屈 8:18

15.乱気流なんて無視 9:02

16.いつもくたくた 9:51

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です