自転車との事故を防ぐために知って欲しい事

今、あなたは混みあった道路を走行中。信号で止まって、また動き始めます…すると、うわぁ…どこからともなく自転車が現れました。慌ててブレーキを踏みます。隣に座っている彼女がコーヒーをこぼしたものの…幸いにもけが人なし。このような状況を避ける方法はあるのでしょうか。

自転車と車の多くの事故は、ドアの開閉で発生します。車が停止してドライバーが降りようとした際に、自転車に乗る人の顔面ドアが衝突といった事故です。これは頻繁に起こることですが、無理なく簡単にこれを避ける方法があります。この解決策はオランダで提唱され、「ダッチ・リーチ」と呼ばれています。

タイムスタンプ:

🚴自転車に乗っている場合:
– ヘルメットをかぶる 0:50
-自転車も「かもしれない運転」を 1:43
-自分のプランを他人に知らせておく 2:18
-流れに従う 2:41
-安全教室は子どものためのものだけではない 3:54
-歩道は歩行者のもの 4:43
-行く先を把握しておく 6:07
🚗車に乗っている場合:
-「ダッチ・リーチ」で安全対策 7:07
-自転車を追い越す際は、十分なスペースを 7:43
-自分の意図を明確にする 8:01
-落ち着いて進む 8:12

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です