東に飛行した時の方が時差ボケがきつい理由

時差ボケは、東西へ移動してタイムゾーンを横切った時に起こります。体内時計は新しいタイムゾーンに慣れるまで時間がかかり、時には頭痛や食欲不振などイライラするような症状が現れます。食事と睡眠のスケジュールもめちゃくちゃで、夜は元気なのに日中は疲れが取れません。

遠距離の海外旅行を経験した人は、旅行中に少なくとも一度は時差ボケを経験しています。そして、この厄介な現象を取り巻く多く神話があるんです!中でも一番不思議なのが、なぜ東に飛行した時の方が時差ボケがきついのか。

タイムスタンプ:

時差ボケの原因 0:30

睡眠補助薬は効果的? 1:23

深夜出発の便は? 1:51

東に飛行するとより疲れる理由 2:38

専門家が推奨すること ️5:06

ソーシャル・ジェットラグ 7:38

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です