飛行機でハリケーンに突入するのはどんな感じ?

ハリケーン調査機は航空ショーではありません。 優秀な専門家のみが遂行できる、非常に重要な任務なのです。 気象警報をできるだけ確実にする唯一の方法は、このような大胆な飛行を行うことなのです。 ハリケーン調査機からの新しい情報を得た直後、嵐の警報レベルが上がることも珍しくありません。 この情報が多くの命を救っているのです。

嵐の追跡をする乗組員は、「ハリケーンがどのように加速し、強力になるのか」に最も魅了されているようです。 フライトには毎回大きなリスクが伴いますが、気象学者や、技術者や、アメリカ海洋大気庁の役人は、数百人、数千人を救うために、危険を顧みずに任務に徹しているのです。

タイムスタンプ:

90%は物凄く退屈 1:14

ハリケーンの調査で使用される飛行機はどんなものなのか? 1:57

ドロップウインドゾンデの仕組み 2:33

乗組員の食事 3:33

最悪なこと 4:23

嵐の目 4:59

ハリケーン・ヒューゴの追跡 6:13

大きな課題 8:15

#ハリケーン #飛行機 #ブライトサイド

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です