小さい飛行機の座席がサイズアップする可能性?!

飛行機でよく移動される方は、空の旅がどんな感じかご存知ですよね?膝はあごの下にしまいます。足は前の座席の下に詰め込んだバッグに無理やり押し込めます。片肘は股関節のあたりに置きます。もう片方は、隣の人と肘賭けの取り合いになっています。慰めるかのような、後ろの席の子どもの「どしどし」というキック。

飛行機の座席はなぜあんなに小さいのでしょうか?財政的な理由??常にこのサイズだったのでしょうか?真相を調べてみましょう!

タイムスタンプ:

昔は違った? 1:29

1950年代の天井の赤ちゃん用「座席」2:33

航空会社の2つの優先事項 3:41

飛行機の「ピッチ」とは 5:03

1950年代から13センチ縮小した座席. 7:05

座席の幅も縮小 8:00

この座席の配置が危険かもしれない理由 9:03

#飛行機 #航空 #ブライトサイド

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です