アメリカの成績評価はAからFなのに、Eがないのはなぜ?

外国では、成績をABCDで評価する事があります。テストの点が気になるのは、どこの国でも同じですね。Aは一番いい評価。Bはその次で、まぁまぁ、でしょうか。CやDだとお父さんやお母さんに怒られるかな?あってはならないのが、F!でも待ってください、なぜかEがないんです。

理由は簡単。英語で落第という意味の単語「フェイリァ」がFで始まるからです。先生たちは、児童にEを、優秀という意味の「エクセレント」と解釈されるのを避けたいんですね。中学や高校、大学では点数を使い始めますからね。Eには気の毒ですが。

タイムスタンプ:

答えは簡単 0:25 

「E」はいつも仲間外れだったわけじゃない 1:15

アメリカの学校の評価システムに関するその他の事実 2:53

服装規定と制服 3:17

アメリカの学校システムの構造 3:56

アメリカの学年 4:46

アメリカの最初の学校ができたのは約400年前 5:30

初期のアメリカでの「学業」 6:07

保育園 6:33

アメリカの職場と高等教育 7:19

校外学習 7:51

学校でのスポーツ 8:40

リラックスした授業 9:25

州によって違いがある 10:03

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です