フライトに関する32の謎

長距離を移動する手段としては最も人気の方法ではあるものの、飛行機と言うのはどこか謎めいていて、たくさんの疑問を浮かび上がらせます。エンジンが止まってしまったら飛行機は飛べるのか?翼だけが飛行のすべてを行っているのか?

それに、窓側の席を選んだにも関わらず、壁を眺める羽目になることがある理由は何なのか?

タイムスタンプ:

客室内の圧力がかけられた空気は、サハラ砂漠ほど乾燥 0:28

シカゴ・オヘア国際空港では、37秒ごとに、飛行機が離着陸 1:05

飛行機の翼は、機体の最も重要な部分のひとつ 1:23

時が経つにつれて、大気の中の二酸化炭素が増加 1:47

ボーイング747-8は、50万台のフラットスクリーンのテレビを使用できる電力を持っている 1:56

ブランケットは月1でしか洗わない?! 2:07

ビーディー・ビーティー・ファイブ・マイクロは、世界で最も小さく軽い機体というギネス記録を保持2:22

エアバスA380は、世界最大の商業航空機 2:35

世界最大で最も重い機体は、An-225 ムリーヤ 2:59

最も汚い場所はトイレではなくテーブル 3:16

燃料補給や途中休みなく世界一周をした初の機体は、ボイジャー3:28

常に61,000名がアメリカ上空を飛行機で旅しており、5,000機ほどがこの乗客を輸送 3:44

空の旅の間は、三分の1以上の味覚が機能していない 3:54

飛行機に乗った経験があるのは、地球の人口の5%のみ 4:06

ボーイング747の機内には、グランドキャニオンの長さに相当する、225キロに及ぶ配線 4:16

飛行高度は、大抵地上から宇宙までの距離の7% 4:30

飛行機は雷に打たれることがあるだけでなく、これを引き起こすこともあるt 4:45

3時間のフライトの間、人間の体はコップ10杯分の水分を失う 5:10

エティハド航空のザ・レジデンス5:25

気温がマイナス40度になると、燃料が凍って、飛行機が離陸できなくなる 5:45

エンジンの一つがシャットダウンしても、問題なく飛行できる 6:10

ボーイング767の燃料タンクに入る燃料は、なんとミニバン1,200台分 6:36

飛行機の窓と座席は、マッチしていないことがほとんど 6:45

最も高速の商業機体である、古き良きコンコルドは、音速の2倍の速さで移動することが可能 7:35

商業機体の平均的なフライトスピードは、毎時925キロ 7:46

水銀はフライトに持ち込めない8:01

車のドライバーが居眠りできないことが当たり前ですが、飛行機のパイロットは居眠りしてもOK 8:21

緊急事態の場合、酸素マスクが持つのは15分 8:49

客室を取り外しすることが可能な機体のコンセプトが存在 9:03

多くの航空会社は機長と副機長が異なる食事をとるようにアドバイス 9:38

オンラインチェックインを導入した初の航空会社はアラスカ航空で、1999年に実現 9:54

飛行機が空に残す白い雲は、ただの蒸気 10:13

#飛行機の秘密 #飛行機の謎 #ブライトサイド

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です