停電時に絶対にしてはいけないこと

雷のせいでも熱波のせいでも、動物や鳥のせいでも。原因がなんのせいであれ、突然ドカンとやってくる停電。辺りは暗くなってしまいますね。

さあどうする?

実はこのようなとき、やってしまうと返って状況を悪化させる行為があるんです。

タイムスタンプ:

1.ブレーカーには手を触れない0:26

2.家電はコンセントを抜く1:06

3.冷蔵庫を開けてはいけない1:40

4.ろうそくを使ってはいけない2:28

5.一酸化炭素探知機を忘れないように3:30

6.車のガスタンクは空にしない3:31

7.セキュリティゲートをお忘れなく4:01

8.携帯のバッテリーに気を配れ4:27

9.シャワーは短く5;01

10.交通ルールは無視してはいけない5:38

11.現金を忘れてはいけない6:07

12.配管を冷やしすぎてはいけない6:32

13.水たまりに近づいてはいけない7:05

14.インドアでバーベキューをしない7:33

15.発電機を屋内で使用しない8:06

概要:

-パネルの損傷がないかチェックしましょう。ブレーカーに問題がない場合、電線にも注意します

-家電はコンセントを抜きましょう。電気が復旧した時に故障する可能性があります

-閉じられた冷蔵庫の冷気は開けると逃げてしまいます

-ろうそくは使わないようにします。取れる明かりは微々たるものであるのに対し、火災のリスクが高くなります

-近所一帯が停電している場合、ガソリンスタンドも停電しています。嵐が来る前にガソリンは満タンにしておきましょう

-オートロックの手動解除の方法は知っておきましょう

-携帯のバッテリーはセーブして使用しましょう。緊急電話が必要な際に使えないと困ります

-お湯は大切に。シャワーは短く浴びるようにします

-消えた交通信号は人にとって捉え方が変わるため、気をつけましょう

-近所一帯が停電した場合、クレジットカードも使用できません。現金を用意しましょう

-古い家屋の場合、配管が凍結によって破裂する恐れがあります

-不意の停電に見舞われた時は、車を使って携帯などを充電しましょう

-ソーラー式のライトを花壇に置いておくと、緊急時に屋内で使用することができます

-バッテリー式のラジオを用意しておきましょう。長期の停電に耐えることができます

-暖房が課題となる場合、温める部屋は1つに絞りましょう

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です