キュリオシティのレンズが捕らえた最も謎に包まれた火星の物体トップ7!

キュリオシティは「赤い惑星」探査のため、2011年に打ち上げられました。
この間、勇敢なキュリオシティは火星の荒野を20km以上も進み、ドリルで地面に数十箇所の穴を開けて岩石のサンプルを採取し、数千枚もの素晴らしい写真を撮りました。
キュリオシティは本物の車輪付き化学実験室で、かつて火星に生命が存在したのかという問いに答えるために、火星の土壌と大気を調査することを任務としています。
彼らはキュリオシティが撮影した写真であらゆるものを見ました。
恐竜も、空飛ぶ物体も、火星の女性も、それに集落全体さえも!
今日はキュリオシティが撮影した謎の物体について見てみましょう。

ヒューマノイドの骨
空飛ぶ丸い石
スプーン
女性の幻影
恐竜の頭蓋骨
空飛ぶ鷲
異星人の宇宙船

BGM:
MGR 7TH – Dreaming Of You
youtu.be/e8aNYgLVLsE
Spellbound – Spellbound – Kevin MacLeod

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です