長距離フライトのメリット

長距離フライト。世界の反対側に飛んでいく長距離の移動は、かなり退屈で疲れます。お尻にもかなりひびく!しかし、最近の長距離フライトは一昔前とは全く異なります!20時間の直行フライトの経験も、思ったよりも楽しいものになるかもしれませんよ!

さて、シンガポールからニューヨークへ行くとしましょう。だいたい19時間かかります。この場合、シンガポール空港が就航する長距離用のエアバス超長距離型モデル、A350-900-ULRで、16,000キロほどの距離を移動することになる可能性が高いでしょう。アームレストや足の部分にもゆったりとしたスペースがあります。さらに、客室内の空気の換気や照明は、時差ボケを和らげるように調整されています。

タイムスタンプ:

A350-900-ULRがすごい理由 0:25

大きな窓のドリームライナー 0:49

長距離フライトのメリット 2:31

長距離フライトへの準備:

– 座席を慎重に選ぶ 5:08

– 客室乗務員に適切な質問をする 6:10

– 快適な服を身に着ける 7:00

– 水分補給 7:30

– 返金 8:39

#飛行機 #空の旅 #ブライトサイド

写真出典:

エアバスA350XWBのテスト機体、MSN002のインテリア、北京首都国際空港にて、2016年11月2日撮影:By Zheng shuai – Imaginechina/Associated Press/East News,https://www.eastnews.ru/pictures/picture/id/51326849/i/0/t/0

アニメーションはブライトサイド製作です。

概要:

-エアバスA350の最もステキな特徴は、尾翼の部分のカメラ!機内の他のエンタメなんかどうでもよくなってしまうくらい、世界を駆け巡る素敵な機体に魅了されてしまうかもしれません。

-ドリームライナーは皆さんの旅を夢のようにしてくれるすべてを備えています。例えば、客室内の空気の湿度をあげる特別なシステム。

– LED照明システムによって日光から夜の暗闇への調節が容易になり、空気は2分ごとに循環するようになっています。

-長距離フライトは、シートが大きめで、スペースがあるため短距離フライトよりも快適。しかも、エコノミーにもファーストクラスにも言えることです。

-さらに、すべての長距離フライトには素晴らしいエンタメ機能が備わっています。映画を見たり、音楽を聞いたり、ゲームをしたりして時間を過ごせるわけです。

-長距離フライトの唯一の代案は、8時間ほど移動して、睡眠なしで、眠たいまま荷物を手に取って、知らない空港で数時間を過ごします。

-しょっちゅうトイレに行く必要がある、または足を延ばしたくなるという人は、通路側を選びますよね。そうでなければ、眠っている横の人を跨いでいかなくてはいけません。

-客室乗務員には適切な質問をしましょう。「飛行機は満席ですか?」と聞いてみてください。もし満席でないのであれば、隣に誰も座っていない席など、もう少し快適な座席に替えてもらえる可能性があります。

-フライト中は、快適な洋服を身につけたほうが良いでしょう。特に超長距離フライトでは、重要です。

-離陸前に空港で水筒に水をいっぱい入れて、フライト中に水分補給し続けましょう。

-長距離フライトでは、出来るだけ睡眠をとりましょう。そこそこ大丈夫でゾンビ化していない状態で目的地までつくことができます。

-フライトが遅れたり、オーバーブッキングされたり、欠航したりすると、返金を受けられることはご存知ですよね。しかし、あまり知られていないのは、長距離フライトではその返金額が大きいということ。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です