地球上で作られた最大のロボット10選

古いSFの物語では、2000年代初期になると、ロボットがいたるところで使われていると予測していましたよね。 でも、その予言は当たらず、ロボットによる未来は20年ほど遅れてしまっているようです。まあ、今のところ、ロボットが町中を歩き回っているわけではありませんが、既存しているものの中には、かなり凄いものもあるんですよ。

たとえば、ロボット・ドローンについて聞いたことがありますか? 近い将来には、インターネットで購入したものは、全てドローンによって配達されるようになることでしょう。ピザや家具、さらにもっと大きなものまでそうなるはずです。みなさんは、227キロの重量だと聞いたらどう思いますか? それが現在のボーイングによる、最新のプロトタイプのドローンの配達重量のリミットなんです。さらに、手動で操作する必要もなく、自分で目的地を発見することまで出来ます。

タイムスタンプ:

巨大なロボット俳優 0:32

トラックとクローによる救助! 1:46

宇宙で使用されているアスレチック・スパイダー 2:53

タイタニック・メガハンド 4:09

恐ろしいダチョウロボット 5:10

ボーイングのドローン 6:13

シーハンター 7:16

イーグルプライム 8:23

本物のモビルスーツ 9:28

特別賞 10:35

#ロボット #未来 #ブライトサイド

概要:

– この巨大なロボット俳優の重量は11トン、さらに約11リットルの液体ガスタンクを内蔵し、口から1.5mの火を噴くんです。 四つ足で歩くことができ、遠隔操作されているにもかかわらず、動きも非常にリアルなんです。

– T-52 援竜(えんりゅう)は、現実世界では初の、人命を救助するためのアイアンマン、またはエキソスーツなんです。その手は、人間の手のように設計されていながら、非常に力が強く、クローが装備されています。

– NASAが制作したアスレットは、ローラーの上に乗った金属のクモのようなものなんです! それだけでなく、NASAが今までに作った中でも、最大、かつ最も機敏な地球外探査ロボットなんです。

– ファナック M-2000iAと呼ばれる巨大なアームには、6つの軸による動きと、部品を持ち上げることのできる強力な力が備わっており、さらに正確な動作をすることまでできます。このロボットは、まるで羽を持ち上げるかのように簡単に、車全体を持ち上げて、回転させることのできる固定式クレーンなんです!

– ハンドルは、控えめに見えて、最も効果的なロボットの1つであり、理想的な倉庫作業員だと言えるでしょう。 1時間あたり、最大360箱を整理することができ、15kgまで持ち上げることが出来ます。

– ボーイングのドローンは冗談ではなく、長さ4.6メートル、幅5.5メートル、そして、荷物なしの場合の重量は、339キロ。 もちろん写真撮影や、パノラマビューの撮影の時に使用するタイプのものではありません。

– シーハンターは、非常に未来的で、幅わずか3.3メートル、長さ40.2メートル。その巧妙なデザインは、スパイ映画に出て来てもおかしくないものだと言えるでしょう。

– イーグルプライムは、重量12トン、高さ5メートルを誇る怪物で、金属製の樽の山を簡単に通り抜けてしまう程のパワーがあります。 軽くパンチするだけで、車を動かせるほどの強い腕を2本装備しています。

– 世界最大の人型ロボットの記録保持者は、ロボット・サムライのモノノフです。 簡単に言えば、44歳のクリエーターであるエンジニアの南雲正明氏の子供時代の夢を現実化したおもちゃだということ。

– オートホールは、巨大な人型ロボットではないかもしれませんが、このプロジェクトの規模は、物凄いものなんです。この1960キロの鉄道は、200台の機関車が16の鉱山の間を発掘された鉱石や補給品を運びながら、行き来するものなんです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です