竜巻に遭遇したときのための大切な知識

暴れ狂う台風、視界を遮るブリザード、干ばつのうだるような気温。どれも大自然の怒りと呼ぶにふさわしく、私たちはそれを災害として認識しています。

しかし、それ以上の破壊力を持つ自然現象が存在します。

天高くまで渦巻き、田畑を荒れ地に変え、木々を地面から引き剝がし、街を破壊する。

そう、竜巻です。天気の悪さでこれ以上のものはないでしょう。

しかし、竜巻の生存者は、誰でも竜巻を生き延びることができると語っています。

そんな彼らのノウハウを、分けてもらうことにしましょう!

タイムスタンプ:

竜巻が現れる仕組み 0:56

竜巻の威力 2:17

竜巻街道 2:51

トルネードスポッター 3:48

カテゴリーF-0 5:33

カテゴリーF-1 5:46

カテゴリーF-2 6:01

カテゴリーF-3 6:15

カテゴリーF-4・F-5 6:31

車内での対処法 7:23

竜巻に関する誤った知識 8:35

概要:

-多くの竜巻は夏場、地面が熱せられ、上空に冷たい空気が現れた時に発生します

-気流がぶつかると、渦巻く壁雲が生まれます

-やがて上昇気流と下降気流が威力を増し、風の柱が出現します

-竜巻の直径は3kmに達します。風速は速く、地上の移動速度も比較的早いのが特長です

-周囲の状況に注意することが安全のポイントとなります

-竜巻街道と呼ばれる地域がアメリカ合衆国には存在します

-トルネードスポッターはアメリカ全土にいる竜巻監視の資格を持った人々です

-観測者が竜巻を発見すると、警報が発令されます

-F-0の竜巻はほぼつむじ風に近いでしょう

-F-1の竜巻はより多くの被害が懸念されます

-F-2の竜巻は小さな木を地面から引き抜く威力を持っています

-F-3の竜巻からは非常に危険となります

-F-4及びF-5の竜巻はごく稀ですが、非常に危険です。接近を知ったら、地下の安全な部屋などに避難しましょう

-車内で竜巻に遭遇した時はその進路に対し垂直に回避します

-ショッピングモールや映画館といった大きな建物は避難場所としては帰って危険です

-竜巻が来たら窓を開けろという知識はかえって危険な誤りです

-竜巻が一見遅そうであったとしても、甘く見てはなりません

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です