飛行機の小さなタイヤはなぜ着陸に耐えられるのか

飛行機って不思議ですよね。人間も電子機器も荷物も積んだ鉄のかたまりが空を飛ぶんですから。素晴らしい発明ですよね。でも、一番不思議なのは、飛行機のタイヤです。 機体のサイズと比較して見てみるば、かなり小さいですよね。このタイヤは、どのように飛行機の重量や速度に耐えているのでしょう?

着陸準備中に飛行機に何が起こっているのか見て行きましょう。時速275kmで前進する飛行機の総重量300トンが地面に接触します。2階建ての家が家具と共に、矢のような速度で地面に落ちる様子を想像してみてください。小さなタイヤは、このような巨大な圧力でパンクしないのでしょうか?

タイムスタンプ:

なぜパイロットは着陸する直前に機首を上に向けるのか 1:18

飛行機のタイヤはなぜ丈夫なのか? 3:07

飛行機のタイヤは何によって充填されているのか? 3:55

飛行機のタイヤがパンクするとどうなるのか 4:48

飛行機のタイヤはなぜ小さくて細いのか 6:25

ハイドロプレーニング現象 8:25
#飛行機 #航空 #ブライトサイド

概要:

– パイロットは機体が失速しないように、着陸直前に機首を空に向ける必要があります。

– メーカーは、数種類の合成ゴムを混ぜて飛行機のタイヤを製造しています。 これが、タイヤの強度を上げるので、それぞれのタイヤが38トンの負荷にも簡単に対処できるようになるのです。

– 航空機のタイヤには窒素が充填されています。 窒素はゴムと化学反応を起こさないので、飛行機にとって安全な選択なのです。

– 飛行機のタイヤの気圧は、車のタイヤの気圧の6倍の、14 atmで、水深137メートルまで潜った時に感じる気圧と同じです。

– エアバスA380やボーイング747のような大型航空機にはたくさんの車輪が装備されているので、1つぐらいタイヤがパンクしても、飛行機は安全に着陸できるんです。

– 飛行機が着陸する時、最初のうちはタイヤが回転しておらず、ただスリップしているだけなんです。 言い換えれば、車輪は飛行機が十分に減速し、回転できるスピードになるまで、滑走路に沿って引きずられているということ。

– タイヤを大きくしても、着陸が効果的になったり、安全になるわけではないんです。

– 飛行機のタイヤは製造後、常にテストされており、メーカーは、タイヤが制限速度を超えたり、重量オーバーになった時の状況をチェックするためのコンピューター・シミュレーションを作成しています。

– それでも、飛行機のタイヤが絶対に破裂しないことはあり得ません。 過去にも事故は発生しています。着陸中に破裂したタイヤの1つが原因で、飛行機が滑走路からスリップした事故がありました。

– ハイドロプレーニング現象は、滑走路が水の層で覆われている時に発生し、着陸した飛行機のブレーキがきかなくなり、時間内に止まれなくなるのです。

– 航空機がスリップし続けると、静止摩擦が得られません。

– 一部の空港では滑走路に排水溝が装備されています。水を排水溝に流し出し、地表を滑りにくくし、ハイドロプレーニング現象を予防しています。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です