快適な未来がやって来る!ワイヤレス充電器の仕組み

バッテリーがなくなると気が狂いそうになりますが、それは避けられないこと。

スマホの機能が増すほど、電力が必要となり、スマホはどんどん腹ペコになります!ですから、充電の技術がいろいろと流行しています。今、ブームなのはワイヤレス充電。

現代になってこの技術の人気が出ましたが、仕組みとしては、人類が電気とは何か理解し始めて間もなく発見されていました。

19世紀の終わりごろ、エンジニアリングの立役者である二コラ・テスラが、2つの強い磁場が干渉し合うと微量のエネルギーが互いを移動することを示しました。このトリックが、100年以上経ってから役立つことになったんですよ。

タイムスタンプ:

全て磁場にかかっている 1:27

ワイヤレス充電器ってどんな見た目? 3:50
ケーブル式と電磁場はどちらが速いか 4:22
ワイヤレス充電って安全? 5:06
共鳴充電 6:55
レーザー充電 7:45
音でスマホを充電することは可能になる?😦 9:19
#スマホ #ガジェット #ブライトサイド

二コラ・テスラと高周波交流を作り出す装置: ウェルカムコレクション  https://wellcomecollection.org/works/sq2828s9, CC BY 4.0https://creativecommons.org/licenses/by/4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=36367226

アニメーションはブライトサイドによる。

概要:

- 基本的に、十分な力を持つ全ての物体が、電磁力の源となります。

- 磁気と電気はコインの裏と表のようなもので、電気が流れると、電磁場が形成されます。

- 強い電磁場を作り出すには、たくさんの銅線が必要です。

それでも、銅線は最も適合する材質なのです。

- 驚くべきことに、ワイヤレス充電の背景にある技術は、テスラの時代からそれほど変わっていません。

- エンジニアたちが長い間にわたって苦戦しているのは、コイルの効率が良くないことです。電磁場の電力は、デバイスの中にいくつのコイルを入れられるかにかかっています。

- また、強い接続を保つ為に、電磁場同士が近くなければいけないのもネック。

- 現代のワイヤレス充電器がマットの形をしているのはそのためです。電気を逃さず使うため、スマホをその上にくっつけておく必要があります。

- 普通の充電コードの方が電磁場より速い為、この新しい技術はまだ大人気、というわけではありません。

- 短距離の電磁場があなたに害を与えることはありません。

- ご想像の通り、電磁気による充電の方法全体が変わっていくでしょう。すべて、この先何年かで改良されます。

- 共鳴充電は、車やパソコン、それにロボットなどの電力消費の大きいデバイスに向いています。

- 他にも、レーザーを使った充電の研究がされています。極めて強力で集中的な充電方法になり得ますが、まず大きな欠点を改善する必要があります。

- レーザーはどの距離でも働きますが、デバイスまで障害物のない状態でなければなりません。何かにさえぎられると充電できないのです。

- 他にも、赤外線光波や無線信号、超音波を使ってスマホなどのデバイスを充電することを目指す新しい研究もされています。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です