充電中に携帯が発火するわけ

私たちの生活は携帯のおかげで便利になりましたが、携帯って機械は危険だったりもしますよね。

画面の見過ぎとかそういう話ではなくて、時々発火するニュースを聞いたことはありませんか?

そう、火が出るんです。

では、どうしてそのようなことが起こるのか、その予防策は何か。見ていくことにしましょう。

タイムスタンプ:

発火が起こるわけ  2:38

発火を避ける方法 4:42

安い充電器は避けよう 5:10

夜通し充電する行為はやめよう 5:54

暑い気温を避けよう 6:16

バックポケットに携帯は入れないように 6:40

バッテリーを長持ちさせる方法 7:47

写真:

A Motorola DynaTAC 8000X from 1984: By Redrum0486, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=6421950

アニメーション:

Bright Side

概要:

-バッテリーが酸のように泡立つ現象に多くの人は遭遇しています

-すべてのリチウムイオンバッテリーには、火災を防ぐ装置が搭載されていますが、時にそれらが正しく動作しない場合があります

-スマホのバッテリーは落としたり踏んだりすると破損し、発火の原因となる場合があります

-出荷時にバッテリーが破損している可能性にも注意しましょう

-充電中に本体が過熱した場合はコードを抜き冷却しましょう

-製造者はバッテリーに合わせて充電器を製造しています。純正品は値段が高くなりますが、携帯を買い換える費用に比べれば安いでしょう

-風通しの良いところで充電を行い、夜通し充電する行為は避けます

-暑い場所で充電したままにはしないようにします。直射日光がバッテリーの温度を高めてしまうと、良い結果は待っていません

-バッテリーがすぐに切れてしまう場合は修理に出しましょう。交換が必要です

-バックポケットで携帯電話は運ばないようにします。誤って座ってしまったりすると、バッテリーが変形します

-バッテリーの破裂は携帯だけで起こる現象ではありません。パソコンやトースター、ホバーボード、電気自動車なども注意が必要です

-携帯電話は必要最低限充電するようにすると、バッテリーはより長持ちします

-温度に注意しましょう。直射日光だけでなく、低気温もまたバッテリーの敵です

-バッテリーは2〜3年に一度の頻度で交換するようにしましょう

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です