1日で100,000カロリー消費したらどうなるか

ちょっと量が多めのおいしい料理を頂いたときのあの罪悪感には、皆さん、身に覚えがありますよね?我々の多くは、健康と体の調子を整え、メディアは多くカロリーを摂取することに警鐘を鳴らしています。

カロリーは、何かの中に含まれるエネルギーの量を決めるために使用される単位です。ロケットの燃料がロケットにエネルギーを与えるように、人間は食べ物を燃料にします。平均的な人は、1日で2,500カロリーを消費します。今の状態を保つために、人間は1日に2,500カロリーほどを常に消費していなくてはなりません。100,000カロリーを一日で摂取したらどうなるか?そもそも可能なんですかね?

タイムスタンプ:

カロリーってどれくらい? 2:35

大食い選手ってどんな人達? 3:06

普段よりも食べられる場合… 5:41

オリンピック夕の消費量 6:12

一日に2,500カロリー以上食べたらどうなるか7:48

#カロリー #健康食生活 #ブライトサイド

概要:

– 体の大きさや代謝に左右されるものの、平均的な人は、1日で2,500カロリーを消費します。これは、7.6リットルの水を沸騰させるのに十分なエネルギーです。

-100,000カロリーと言うのは、牛乳159リットル分。バスタブが淵までいっぱいになるレベルの話ですよ。

– ちなみに、サラミピザで言ったら直径30.5メートルに及びます。あるいは、バーガーがお好きであれば、そこそこのサイズのチーズバーガー300個分です。

-ハイ、と答えた人は、大食い選手権の絶対王者になることを視野に入れてもよさそうです。世界中にはこういった人がたくさんいます。

– こういったチャンピオンたちの中には、遠征中の様々なコンテストで合計200,000カロリーを食べたと豪語する人もいるようです。

– このような大食い競技者のひとりは、一度の食事で20,000カロリーを消費したこともあると話しています。

– 驚くべきことに、皆さんかなり健康的なんです。普段はそこそこ質素な食事をして、たくさんのハードコアな運動をジムで行っているのです。

– 競技大食い選手権のスタンダードの10,000カロリー以上に少しでも近づこうとすることは、非常に危険です。

-多くの男性は平均的に女性よりも食べられる人が多いですし、成長過程の10代は普通の人よりもたくさん食べます。

– オリンピックでセンセーションを引き起こした、アメリカの水泳競技者、マイケル・フェルプスは、食欲もオリンピック級なんです。

– 3つの目玉焼き、たくさんの野菜がのったトースト、5つのたまごを使ったオムレツ、3つのフレンチトースト、グリッツをボウル1杯、コーヒー2杯。これ、朝食のみです。

-普通の人にとって、1日2,500カロリー以上は余分な体重の増加につながります。

– 100,000カロリー分の食べ物は、13キロ分の脂肪に相当します。

– 体脂肪は問題の半分に過ぎません。本当の問題は、この脂肪の10%程度が、いわゆる内臓脂肪に変わってしまうということです。

– 過重の人は、内面のバランス、発汗、さらに、爆発するかのように感じられる胸の動悸の問題に悩まされやすくなります。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です