飛行機の座席を勝手に変えてはいけない理由

席を変えようとしているのは、あなただけではないはずです。ほんの数人の乗客が席を移動しただけで、飛行機のバランスが崩れるかもしれません!

離陸中、パイロットは正確な計算を行うために、飛行機の重量分布を知る必要があります。この計算がわずかでもズレると、地面を離れる時に飛行機が墜落する可能性があるんです!変更したい場合、快適で広々とした座席に勝手に移るのではなく、客室乗務員に聞いてみましょう。

タイムスタンプ:

飛行機がコントロールできない原因になる!?  0:34

安全なフライトのために心がけたいこと:

―テーブル  2:50

―座席  3:10

―サイズは重要 3:31

―非常口の近くの席 3:52

―窓の日よけ 4:19

―直行便 4:46

―適切な服装 5:35

―大切な物を一つにまとめる 7:51

―怪しい荷物 9:14

―最も安全な席は? 9:30

#飛行機 #安全 #ブライトサイド

概要:

―計算がわずかでもズレると、地面を離れる時に飛行機が墜落する可能性があるんです!

―飛行機の前方のリアコンパートメントではなく、後ろの方に積みすぎてしまった場合、飛行機はバランスを崩しやすくなります。

―滑走路で飛行機が動き始めた際は、常にテーブルをしまって固定しましょう。離着陸時は、絶対に下げないでください。

―テーブルと同じで、リクライニングされた座席は、後ろの座席の足場を狭くするため、避難が遅れてしまいます。

―大型の方が事故に遭っても生き延びる可能性が高いです。

―非常口の近くは、確かに足元に余裕がありますが、その分、責任も増えるということを覚えておきましょう。

―客室乗務員の指示に従って、離着陸時には、窓の日よけを開けましょう。これは、客室乗務員が、外で何が起こっているのか確認するための規則です。

―可能な限り、直行便を予約するのもおすすめです。飛行機の墜落事故のほとんどは、飛行し始めた最初の3分の間、もしくは最後の8分の間に起こります。

―適切な洋服を着るだけでも、フライト中のリスクが軽減されます。なるべく天然繊維で作られた服を着ましょう。例えば、ウールやコットン、レザー、そしてデニムなど。

―大切な物を一つにまとめるのも、大事なポイント。例えば、パスポート、お財布、携帯、クレジットカード、現金、必要な薬や緊急連絡先のリスト。

―重たいものを頭上の荷物入れに入れない 飛行機が激しく揺れた時、荷物が落ち、あなたや他の乗客を怪我させる可能性があります。

―明らかに奇妙で怪しい荷物を見つけた場合、飛行機に乗っている人は、客室乗務員に、空港にいる人は警備員に知らせましょう。

―飛行機で最も安全な座席を探すのは、時間の無駄です。というのも、存在しないんです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です