AirPodsは機内で使用可能か

連邦航空局、略してFAAは、乗客がワイヤレスのイヤホンを使用しても問題ないという見解のようです。飛行機が離陸するときに、すべての乗客がフライトモードにするように促されますよね。しかし、それならどうしてAirPodsは機能するんですかね?

実は、フライト中は、例えばワイヤレスキーボードや、AirPodsなどの短距離のBluetoothアクセサリを使用することができるんです。しかし、だからと言って、高度が安定したらフライトモードをオフにしてよいということではありません。

タイムスタンプ:

👉離陸前に気を付けること👈 1:14

AirPodsのバッテリーが切れかかったらどうするか 2:01

着信相手を知る方法 2:56

付けたままシャワーはOK? 🛀 3:39

AirPodsがスマホから接続中断される理由 4:10

AirPodsの見つけ方 5:10

Apple製のデバイスでなかったら? 6:01

AirPodsの名前変更が可能❗️ 7:43

#airpods #電子機器 #ブライトサイド

概要:

– まず、離陸前にスマホの「設定」へ行き、フライトモードを選択します。それから、Bluetooth設定でBluetoothを「オン」にします。

– AirPodsの電池が切れてきたら、一度に片方のイヤフォンだけ使うことが可能です!片方のイヤフォンを充電ケースに入れて、音楽を聞いたり好きなことをしましょう。

-スマホの画面を見ずに、誰が電話をかけてきているか、知る方法があるんです!設定で「電話」へ行き、「電話相手を通知」を選択。

-残念ながら、AirPodsは耐水性ではありません。念のために言っておきますが、これをしたまま、シャワーには、入らないでください。

-この「接続問題」は、中にほこりやゴミがたまってしまった際に起こりえるからです。

– iPhoneを探すのアプリケーションの中で、「AirPodsを探す」を設定すると、どこに言ったか分からなくなった時に、部屋中を走りまくる必要がなくなります。

-スマホがアップル製でなくとも、AirPodsを使用することは可能です!充電ケースの裏側を見てみてください。小さな押しボタンがありますので、それを使って、問題なくアンドロイドデバイスにペアリングできます!

-第2世代のAirPodsをお持ちの場合、これを使ってお話しすることができます!もちろん、イヤフォン自体ではなく、Siriとですよ。

– AirPodsの名前を変えることもできるんですよ!スマホの「Bluetooth」を選択して、「AirPods」の近くにあるブルーで囲まれた「i」を押してください。「名前」と表示されたボックスが現れるはず。ここに、ご自身のイヤフォンに合った名前を入力してください。

– AirPodsがケースの中に入っている状態で、ふたを開けた時、みどりのライトが光っている際は、AirPodsが満タンに充電されていることを意味し、オレンジ色の場合は、電量が 1 回のフル充電分に満たないことを意味します。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:かいどうまゆ (Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です