地球上の生物の咬合力コンテスト

最もかむ力が強い生き物とは何なのか…例えば、人間の咬合力は11 kg/cm2です。堅いクッキーやピスタチオの殻を破ることは出来るでしょう。これなら厳しい現代社会に生きるにも十分です。しかし、他の動物はどうでしょうか?

イングリッシュ・マスティフこの犬は、人間のお友だちの中でも、最も力強い犬の種類の一つで、太い木の枝でも簡単に折ってしまいます。ライオンは、平方センチメートル当たり45.7キロで、人間の咬合力の4倍!ところで、ハイエナの咬合力がハイエナのあごの力が、ライオンやトラのものよりも強いのはご存知でした?臆病でグループで生活するような肉食動物でなければ、サバンナで最も恐れられている動物になっていたかもしれませんね!

タイムスタンプ:

人間 0:27

イヌ 1:11

ライオン 1:48

ベンガルタイガー 2:11

ハイエナ 2:39

ハイイログマ 3:16

ゴリラ 3:57

カバ 4:30

ジャガー 5:02

アメリカアリゲーター 5:34

イリエワニ 6:01

ホホジロザメ 6:43

ティラノサウルス! 7:27

咬合力コンテストの勝者 8:25

#動物の事実 #強い動物 #ブライトサイド

Summary:

-イングリッシュ・マスティフはその力を見せつけようと、気品を漂わせ、入場です。口を開いて、デバイスにがっつり噛みついて…平方センチメートル当たり38.6キロ!

-次の挑戦者は、ジャングルの王、ライオンです!おぉ~、平方センチメートル当たり45.7キロ!人間の咬合力の4倍!

– ベンガルタイガーは前に向かって飛んで、大きな牙を測定機に沈ませます…数字は、平方センチメートル当たり74キロ!

-森の捕食者となれば、ハイイログマにかなうものはいません。数字は、平方センチメートル当たり84キロ!

– ゴリラは穏やかですが、怒らせたくないお相手。

-予測がつかないカバは、一見やさしそうに見えるかもしれませんが、彼らの生息地、アフリカで、最も危険な動物の一種なんです。

-ジャガーは、長くて尖った歯で、簡単に骨を砕いてしまうことができます。他のネコ科の動物より力強いのも納得です。

-イリエワニさんは、川の中で忍耐強く獲物を待って、素早く攻撃します。さすが、世界最大の陸の捕食者、そして爬虫類なだけありますね!

-たくさんの曲がった歯を獰猛に機械に沈ませて、驚きの平方センチメートル当たり281キロ!このサメの咬合力は、実際に測定されたことはありません。ただ、予測では、かなりの数字が期待されています。

-科学者たちによれば、ティラノサウルスの咬合力の最大数値は、平方センチメートル当たり、なんと843.5キロにのぼります。

-長さ12メートルのこの巨大爬虫類は、何百年も前に海に生息していました。そして、彼らのテリトリーに入ってくる恐竜たちを狩っていたのです。どうやら咬合力コンテストのチャンピオンが決まったみたいですね。平方センチメートル当たり1617キロ!

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です