タイタニックVS現代のクルーズ船

タイタニック号は1912年に、海を航海している途中に何かに衝突してしまいましたよね… この大参事の発生当時は、それまでに建造された船の中で、最大か最新の技術で建造されたものだと言われていました。2,400人以上の乗客と約900人の乗組員が乗船できるように設計されたタイタニック号は、確かに豪華客船としての名にふさわしいものだったと言えるでしょう。

今日(こんにち)のクルーズ船は、100年以上の技術の進歩の後、タイタニック号の時代のものと、どのように異なっているのでしょう? もちろん、当時よりも、多くの救命ボートが装備されています。でもそれが、過去と今の船の一番の違いかといえば、違いますよね…。

タイムスタンプ:

タイタニック号のタイトルを盗んだ船 1:32

2019年最大のクルーズ船 2:29

遠洋定期船との違いとは… 3:06

…クルーズ船とは? 5:19

タイタニックはどのように建造されたのか? 7:20

そして、現代の船はどのように建造されているのか? 8:51

#船 #タイタニック号 #ブライトサイド

概要:

– タイタニック号の船首から船尾までの長さは250mで、幅は28mでした。 そして、9つのデッキの合計の高さは53mだったんです。

– 1年後の1913年には、インペラトル号が、そのタイトルを奪い取りました。

– 2019年の現在では、世界最大のクルーズ船は、ロイヤル・カリビアン社の運航する、シンフォニー・オブ・ザ・シーズ号です。

– 全長361m、幅66m。さらにタイタニック号の高さの2倍ある18のデッキは、5000人を超える乗客に広々とした宿泊施設を提供しています。

– まあ、市内バスと観光バスの違いを考えてみれば分かりやすいかも知れませんね。 クルーズ船に乗るのは、楽しむためで、目的地にたどり着くためには、遠洋定期船を使うという感じです。

– 一等船室の乗客は、海水プール、スパ、ジム、フレンチ・カフェ、さらにおしゃれなニューヨークのホテルのように装飾されたレストランを楽しむことも出来ました。

– 二等船室の部屋は、小さめで、それほど華やかには見えませんでしたが、豪華な飾りつけがされていました。

– 三等船室は、最下等船室としても知られており、豪華なものではありませんでしたが、当時の他の船と比べれば快適な方でした。

– 現代のクルーズ船には、タイタニック号ほどの船室の階級による差もありませんし、現代の航空会社ほどの差さえもありません。

– 最も安い部屋でさえ、普通のホテルと同じくらいのものだと言えるでしょう。

– テレビや室内滑り台に加えて、20世紀初頭にはなかった、現代のクルーズ船特有の設備もたくさんあります。

– これらの巨大な動くリゾートが実現するまでには、かなりの造船技術の発展が必要とされました。

– タイタニック号は、前代未聞の船体の大きさに対応するために、ベルファスト港で、特別に建設された船台で造船されました。

– タイタニック号の船体は、これらの数千枚のプレートが重なり合うことにより構成され、船体の下部は、2つの層によって構成されていました。

– タイタニック号の主要な安全機能は、下部デッキにある、16箇所の水密コンパートメントでした。

– 今日でも未だに船は鋼鉄で作られていますが、製錬と冶金学の進歩により、船体は100年前よりも強靭で、ダメージも受けにくくなりました。

– エンジンに関して言えば、現代のクルーズ船は、主にディーゼルか、天然ガス、またはその2つの燃料の組み合わせにより運行しています。

– 現代のクルーズ船のデザイン上で、最も珍しい点は、船体から煙突まで、単一の構造になっていないところです。

– 最大のクルーズ船と、石油タンカーは、世界中でたった6箇所でしか組み立てられておらず、最も生産量が多いのは、韓国のヒュンダイ重工業の造船所です。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です