知的生物が人間だけではなかったら?

我々が現在知る限り、人類は存在する唯一の知的生物です。天文学者たちは地球外生命体を探し続けていますが、私、考えずにはいられないんです。もし、この地球上に人間のような感覚を持つ生物が他にも存在したら?一体どんな生物になるのでしょうか?これは人間にとって何を意味するのでしょうか?

考えてもみてください。もし別の惑星に文明を見つけたとして、人間ではない知的生命体に出会う準備は私たちにできていますかね?

これは、人類にとって問題になるはずです。しかし、人間以外の文明と地球を共有することに慣れていれば、きっと地球外生命体との交渉もうまくいくはずです。

タイムスタンプ:

人間がネアンデルタール人と生活していたころ❓ 1:21

知能面で最も人間に近いライバル 3:16

宇宙難民と出会ったら 6:21

人工知能は? 7:54

#エーリアン #イルカ #ブライトサイド

概要:

-幾つかのシナリオでは、別の知的生命体と地球を共有していた可能性がありました。

何百万年もかけて、我々とともに進化していたかもしれないのです。別の惑星から、地球にやってきた可能性もあります。

-ネアンデルタール人は、人間に酷似した、霊長類のご先祖様です。彼らの脳は人間の脳よりもだいぶ大きく、道具を使って調理もします。

-現在のヨーロッパに当たる地域で発見された遺跡のいくつかには、人類がネアンデルタール人と共に生活していたという証拠が見られます。

– ネアンデルタール人は人類と共生し、絶滅しなかったとしたら、今日2つの種族の違いなど気づかないはずです。

-第1候補者は、霊長類ですらありません。チンパンジーやゴリラなどの社交的なおさるさんのような生き物は、簡単な道具を使用して、お互いにコミュニケーションをとることができます。

-知能だけに関しては、最も近い人間のライバルは、イルカだと言えるでしょう

-イルカやハクジラは、複雑な合図システムを持っており、このシステムでお互いを名前で呼ぶことができるということが証明されています。彼らの知能はかなり進化していますが、人間のものとは全く異なります。

-これらすべてを考慮すると、知的な海の生物と人間が地球を共有するという仮想世界はあり得ます。

-変わった別の可能性は、我々が地球外知的生命体に遭遇する可能性です。

-地球外生命体は間違いなく人類とは異なっているはずですが、高度な科学や工学技術を我々に指導してくれるほどの社交性を持っていることでしょう。

-彼らの科学が、我々が大量に所有しているものを、エネルギーや食糧源として利用することを可能にするかもしれません。

-人類はすでに様々な異なる知能と安定した関係を築く素晴らしい練習台になっています。

– AIには、肉体的な制限がありません。人間が人工知能を必要とするほど、人工知能は人間を必要としていないのです。

-しかし、現在我々がもつAIは、人類が自らの備えとして有効利用するのに適しています。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です