1か月毎日走っていたら、こんな変化がありました

きっかけは、一緒に5 kmマラソンに出ようと友達に誘われたことです。

そんなに大変じゃなさそうですが、20代後半で、学生時代の体育の時間以来走っていない人にとっては、大変なことなんです。若いことに持っていたエネルギーはないし、大人になって、すっかり太ってしまったのは言うまでもありません。ともかく、準備期間は1か月。一体どうやったか知りたいですか?

手短に言えば、少しずつ前進すること。もちろん、食生活に気をつけて水をたくさん飲まなければなりません。そしてゆっくり、確実にトレーニングを重ねます。新しいランニングシューズを買って、私の挑戦は始まりました。毎日、日誌に進捗を記録しました。あなたはどうですか?靴ひもを結んで、ランニングを始める準備はOKですか?

タイムスタンプ:

まず初めにやったこと 0:56

ランニングにいい食べ物 1:42

ランニンググループを探した訳 2:29

クロストレーニング 3:00

素晴らしいことが起こりました! 3:13

私の体重 4:04

再びやる気が出てきました 5:02

なんと、肌が… 6:03

たくさんのバナナ 7:58

やった! 8:28

#ランニング #運動 #ブライトサイド

概要:

- 2分歩いて、1分走るのを、何度も繰り返して合計30分間続けるんです。

- ランニングにいい食べ物は、バナナ、オート麦、ピーナッツバター、ブロッコリー、プレーンヨーグルト、ダークチョコレート、全粒粉パスタ、じゃがいも、コーヒーなどです。

- ジムで頑張ったおかげで、この日も筋肉痛でした。この1か月は、ずっと筋肉痛が続くのでしょうね。

- トレーナーが、クロストレーニングの一環としてサイクリングを勧めてくれたので、4.8 kmのサイクリングをしました。

- エネルギーのレベルがぐんぐん上がっています。午後眠くなることもなくなりました。

- 今日体重を測ったら、2 kgやせていました!早く痩せるには、ジョギングが一番だって確信しました。

- この日は、10分連続で、難なく走れました。目標達成までもう少し!

- トレーナーに、水分補給をしっかりするよう言われました。飲む量は、体重÷0.45の半分×0.02リットルで計算します。私の場合は2リットル。

- 運動で肌がきれいになるのは、血行が良くなるからだそうです。

- トレーナーに、テニスボールで、調子の悪い所をマッサージする方法を教わったので、足の裏もマッサージしました。

- ランニングしながら、音楽を聴くと時間が経つのが速く感じられます。

- バナナをたくさんね。ポタシウムは、長いランニングで失われた電解質のバランスを、よくしてくれるんだそうです。

- わりとラクに、楽しく走れたのでトレーニングプランは、正しかったようです。次のレースに参加するのが待ちきれません!

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:吉田史記(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です