太陽の大きさが半分だったら?

アラン

「地球人が地球で生きるためには、太陽の大きさが必要だって、考えもしなかったって?確かに、ぱっと見、そんなに関係なさそうではあるね。

でもそうじゃないんだ。

みんなの世界の太陽は、黄色矮星と呼ばれる、灼熱のプラズマが集まる完全な球体だ。

年中無休で磁場を作り出し、矮星という名前とは裏腹に、君たちが住んでいる惑星の33万倍の質量を持っている。

直径は、140万km。大きいよなぁ。こっちの太陽の二倍あるんだからさ。」

タイムスタンプ:

生命の終わり 1:57

重力の影響 3:45

その他の惑星は? 4:30

新たな故郷 6:09

そこでの生活 7:48

概要:

-太陽が突然質量を失ってしまうと何が起こるのでしょう

-太陽は赤色矮星となり、地球の生命は終わりを迎えます

-地球は太陽のハビタブルゾーンの外となり、徐々に寒冷化していきます

-地球の半分が凍った砂漠となり、人々は食料やその他の資源不足に陥ります

-日を追うごとに暗い日が始まります。太陽の光は弱まり、草木は死に絶えていきます

-太陽の大きさが小さくなったことで、地球が受ける引力の影響も弱まって行きました

-ついに地球は、氷に覆われた岩石となります

-かつて知られていた太陽系も大きく姿を変えてしまいました

-土星や木星は地球を小惑星から守っていました

-かれらの働きによって、さらに内側へ侵入した小惑星は、より早く太陽系から抜け出しても行きました

-太陽が小さくなった世界では人は水星に移住しています

-水星の極地は暗闇に包まれ、気温は限りなく低くなっています

-水星での新たな生活は苦難続きであると予想されます

-水星には呼吸可能な空気がなく、外を散歩することはかなわないでしょう

-人はドームに守られた街に住み、特殊スーツなしには外へ行くことができません

-かつてほど明るくないとはいえ、太陽の放射線には氣を配る必要があります

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:宮司道章造(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です