スマホを100%に充電してはいけない理由

今やスマホは体の一部って言っても過言じゃありませんよね。左の小指みたいなものですよ。スマホって何でもできて、魔法みたいな道具ですが、無敵ではありません。スマホは電波を探すのにバッテリーを使うってご存知ですか?これでかなりのバッテリーが使われてしまいます。

また、充電する前に、完全にバッテリーがなくならないようにしてくださいね。30%を下回ったら、充電するようにします。100%を少し下回ったら、すぐに充電するようだと、だんだん充電されにくくなります。スマホを長持ちさせるためのコツや注意点をお教えしますので、ぜひ役立てて下さい!

タイムスタンプ:

使っていないアプリを削除する 0:22

低電力モードを使う 0:41

電波の悪いところにいるときは機内モードに切り替える 1:01

スマホをポケットに入れるときは注意する 1:22

スマホを拭くときも気をつける 1:49

ソフトウェアのアップデートをしないでおくべき時を知っておく  2:13

ときどきスマホの電源を完全に切る 2:38

スマホを見ればバッテリー寿命が分かる  2:56

充電をいつも100%にするのはスマホによくない 3:15 

スマホを一晩中充電するのは、やめよう 3:40

ベッドでスマホを充電するのもやめよう 4:04

だったら、どうやって充電するのが一番いいの?  4:25

充電中はスマホを触らない 5:00

スマホは極端な温度が好きでない 4:23

スクリーンプロテクターを使おう 5:44

黒い壁紙を使うとバッテリーが長持ちする  6:04

スマホのロック機能を使おう 6:36

スクリーンタイムアウトを短くする 6:58

スマホをチェックする回数を減らそう  7:18

旅行が多い人へのアドバイス: 位置情報機能をオフにする 7:47

#スマホのライフハック #携帯 #ブライトサイド

概要:

– 使っていないアプリがあったら、スマホからアンインストールします。

– 電波の良くないところに行くのがわかっていたら、機内モードにしてバッテリーを節約しましょう。

– スマホケースを選ぶときは、充電ポートに入れる小さなプラグがあるものにしましょう。

– メガネをきれいにするみたいに、乾いた木綿の布でスクリーンと裏側を拭くだけにしましょう。

– スマホの設定で、バッテリーがあと何時間何分持つのかが分かります。最後に充電したのがいつか分かることもあります。

– スマホを常に充電器につないで、100%になっても充電し続けるとバッテリーを無駄遣いしてしまいます。

– 100%になっても、あなたがぐっすり寝ている間、何時間も充電し続けてしまいます。朝になったら、バッテリーがフルのまま、長くはもたないことに気づくでしょう。

– コードに裂け目があって気づいていない場合、またはスマホの充電ポートにぴったり合っていない場合、火花が出る場合があります。

– 充電する前に、完全にバッテリーがなくならないようにします。30%を下回ったら、充電します。

– 充電中に使うと、速く充電できず、充電し終わった後もバッテリーを消費しやすくなります。

– 寒すぎたり暑すぎたりするのは、スマホによくありません。どちらも内部の部品を傷めます。

– スクリーンが黒いと、明るい色のピクセルに光らせるために、スマホが頑張る必要がありません。

– 頻繁にロック解除するのは確かに面倒ですが、15秒〜30秒にセットするだけで、とても効果的です。

– スマホをチェックするたびに光らせるため、少しずつバッテリーが使われています。150回もスクリーンをチェックするのにどれだけバッテリーを使うか考えてみてくださいよ‥。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です