【宇宙探査】プラネット・ナインを探せ!

近隣の銀河を制覇する夢。私たちの故郷から遠く離れた宇宙を探査する夢。

しかしごく身近な、天の川銀河でも、十分とも言える謎が渦巻いています。

それどころか、太陽系にだって、そんな不思議な謎が眠っているんです。

その謎が隠れているのは、太陽系の外縁部。

天文学者を惑わせ続けている、ミステリーです。

その昔、天文学者たちは、宇宙で混沌を巻き起こしている、奇妙かつ不可解な存在に気づきました。

その謎の天体は、私たちの地球から遠い、カイパーベルトに存在する、6つの比較的小さな天体に影響を与えていたんです。

タイムスタンプ:

巨大氷惑星 1:21

天文学の教科書が変わる? 2:!8

プラネット・ナインで暮らすと? 2:58

飲み込まれる!? 4:38

原始ブラックホール 6:05

写真:

Artist’s concept of a hypothetical planet orbiting far from the Sun: By Caltech/R. Hurt (IPAC), https://solarsystem.nasa.gov/planets/hypothetical-planet-x/in-depth/

概要:

-その存在は地球の10倍で、冥王星の5000倍と言われています

-巨大氷惑星はガス状惑星ほどのサイズにはなりませんが、大気は非常に似ています

-現在太陽から最も離れた惑星と言われているのは海王星ですが、その20倍の距離離れているプラネット・ナインがその記録を更新するかもしれません

-プラネット・ナインの1年は地球の1万〜2万年に相当すると言われています

-天文学者たちが実際にその存在を確認するまでは、理論上の存在となりますが、存在する可能性は高いと言われています

-プラネット・ナインが惑星ではないという説も存在し、その説では、プラネット・ナインはブラックホールとなる可能性があります

-しかし、仮にそれがブラックホールだったとしても、地球に危険が及ぶことはありません

-仮にそれが原始ブラックホールであれば、プラネット・ナインが赤外線を発しない理由がはっきり分かることでしょう

-天文学者たちは、原始ブラックホールがダークマターの謎を解き明かしてくれることを期待しています

-原始ブラックホールがダークマターそのものであるとする学者も存在しています。MACHOsと呼ばれるダークマターの一種である可能性も示唆されています

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:水野健介(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です