フライト中に窓が壊れたらどうなるか

こんにちは!突然ですが、皆さん飛行機はお好きですか?座っている席の横の窓に何か起こって、突然壊れたら、なんて考えたことありませんか?聞いたことはないかもしれませんが、これは過去に起こったことがある事例です!さて、すぐさま飛行機から吸い出されてしまうのでしょうか?大事になる前に早速見ていきましょう!

これこそ、1990年にブリティッシュエアウェイズのフライト5390のパイロットの身に起こりかけたことです。飛行機はすでに空の上。地上5,200メートルで、しっかりはまっていなかった窓枠が飛んでしまいました。全てが一瞬のうちに起こって、予期していなかった機長のティム・ランカスターは反応する暇もなく、操縦室から半分飛び出してしまったのです!

タイムスタンプ:

飛行機から吸い出されたパイロット 0:33
強力な吸引力を発揮する壊れた窓 2:24
起こりえる問題 3:55
酸素マスク問題 4:30
飛行機の窓の強度 5:17
機内の斧の使い道 7:50

#飛行機 #緊急 #ブライトサイド

概要:

– 機内が加圧されていることはご存知かもしれません。そうでなければ、上空9,200メートル以上を移動している際、乗客が生き延びることは困難です。

– しかし、このような「圧力がかかった機体」に何かがぶつかって穴が空いたとしましょう。外と中の圧力の違いから、飛行機の中の空気はすぐに外に逃げようとします。

– 驚くほど強い風が生まれ、人を窓から押し出してしまうほどの力になるかもしれません。

– ものの数秒で、機内の気温と圧力が急速に低下します。全ての安全が確保されていないと、新聞紙、雑誌、スマホ、スナックなどあまり重さがないものがそこら中に舞って、壊れた窓から吸い出されます。

– 良く信じられている考えとは異なり、飛行機に無限の酸素の供給はありません。緊急事態では、自分のマスクの酸素が15分も持てばラッキーだと思ってください。

– 中にいる人達への危険は、飛び回るゴミ、気圧上昇で起こる気圧外傷のリスクです。

– しかし、このような事故は珍しいというよりも、かなりあり得ない状況です。旅客機の窓の強度がどれほどのものなのか知ったら、皆さんは驚くかもしれません。

– プロのボクサーで、590キロほどのパンチが繰り出せます。そのため、そのような人であっても、飛行機の窓に損傷を負わせることは出来ません。少なくとも普通の人には到底無理です。

– 普通の人間であれば、拳、スマホなど、飛行機で許されるもの何を使っても、窓を傷つけることは出来ません。

– FAAつまり連邦航空局では、19名以上の乗客を輸送できるすべての旅客機の運転室に斧を完備していることを義務付けています。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です