スマホのバッテリーが取り外し可能ではないわけ

携帯市場には、未だにバッテリーが取り外し可能なモデルもありますが、かつてほど多くは見られていないようです。

その人気は衰え、いわば陳腐化しているのが現状。

むしろ一般的になりつつあるのは、内部に接着されている、あるいはねじ止めされているタイプのバッテリーで、それを取り出すには、特殊な工具とかなりの努力を要します。

基本的にそれを試したあとは、壊れた携帯を手にすることになってしまうでしょう。

スマホのバッテリーが取り外し可能ではないのは一体なぜなのでしょうか?

タイムスタンプ:

スタイリッシュを追い求めてほしい

セキュリティ面でも優秀

利益のため

バッテリーを長持ちさせるコツ

1.位置情報機能は基本的にオフに 2:46
2.ライブ壁紙その他の視覚効果をオフにする 3:36
3.アプリの自動アップデートをオフに 4:19
4.バッテリーの使用状況を常にチェック 4:55
5.スクリーンの明るさを下げる 5:33
6.バッテリーを0%または100%にしない 6:05
7.必要のないときはBluetoothやWi-fiはオフに 6:30
8.不必要なプッシュ通知はオフに 6:53
9.過度な温度変化を避ける 7:30
10.画面のロックまでの時間を短く 8:06
11.充電中はスマホを使用しない 8:39
12.機内モードは機内にいなくても便利 9:00

概要:

-内蔵型バッテリーは背部パネルの開閉部を不要とし、スマホ内部のスペースを削減するために有効です

-そのために防水仕様を施すこともできます

-本体を盗んだ人間が内部に細工をすることも困難になります

-位置情報をオフにすることでバッテリーの消耗を抑えることが可能です

-仕様している壁紙がアニメーションしているのであれば、切っておいた方がいいかもしれません

-アプリがバッテリーを消耗してしまっているのかもしれません

-画面が明るすぎてもバッテリーの消耗を招きます

-バッテリーが0%になってから充電したり100%になるまで充電することは避けましょう

-Wi-Fiがオンになっているとスマホが接続先を探し続けてしまいます

-通知があるたびにオンになっていては省エネになりません

-極端な温度変化も避けましょう

-画面の自動ロックの設定は早めに

-充電をしながらスマホを仕様するとバッテリーの充電サイクルが狂ってしまいます

-機内モードはすべての通信をシャットアウトするために便利なモードです

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です