頭の回転を速くするコツ13選

部屋に入って、どこに行こうとしていたのか、何を探していたのか忘れてしまうことはありませんか?冷蔵庫の中になぜか車の鍵があったり、シリアルの代わりにドッグフードを入れたりしたことは?う~ん、脳にちょっとしたブーストが必要なようですね。それでは、脳をトレーニングする素晴らしい方法をご紹介しましょう

自動運転は、脳をアクティブにしないため、脳を失速させるのはご存知ですか?知らない言語を学ぶことは、算数の問題を解くよりも脳を刺激することは?また、あまいもの好きなら、こちらがおすすめ。チョコレートには、重要なアミノ酸、リシンが含まれており、頭の回転が早く、効率的になります。

タイムスタンプ:

絵を描く 0:20

ルーティーンを変える 0:41

反対の手を使う 2:19

手書きする 2:50

新しい言語を学ぶ 3:24

チェスをする 3:45

テレビゲームをする 4:11 🎮

家事をする 4:36

鼻をほじる 4:59

散歩する 5:27

チョコレートを食べる 5:57 🍫

呼吸する 6:31

睡眠をとる 7:10

概要:

-絵を描くことで、右脳が全力で回転して、創造性を引き出し、直面している問題の解決策を見つけるお手伝いをしてくれます。

-自動運転は、脳をアクティブにしないため、脳を失速させます。記憶力の低下を避けるためには、ルーティーンを毎日変えてみましょう。

-あなたが右利きなら、スプーンや歯ブラシを左手で使ってみましょう。左利きの方、1日だけ右利きになってみません?

-キーボードやスマホでのタイピングも悪くないのですが、実際に紙に手を使って書くことで、クリティカルシンキングが活性化され、分析能力が高まります。

-言語を学ぶとき、まったく新しい領域に挑戦することになるので、脳はその状況に適応せざるを得なくなるのです。

-チェスは、世界で最も古い戦略的なゲームのひとつです。おもしろいですし、シンプル。チェスをよくすることで、集中力が高まり、大きく考えられるようになって、人生に影響するような行動の数歩先を行くことができます。

– 2015年の研究によれば、特にアクションゲームは、反応時間、観察スキル、意思決定力を改善させます。

-家事は知能に一役買ってくれます。これはつまるところ、運動です。運動自体、頭には良いですが、それについては後程!難しい問題から頭を休めるためにも効果的です。

-歩くことで、血流がよくなって、血と酸素が脳にめぐります。すると、脳の活動が高まって、重要な出来事に対してより柔軟になります。

-あまいもの好きなら、こちらがおすすめ。チョコレートには、重要なアミノ酸、リシンが含まれており、頭の回転が早く、効率的になります。しかし、これはダークチョコレート限定。リシンが含まれているのはカカオ豆なんです。

-脳を酸素でいっぱいにして、エネルギーを感じる簡単なエクササイズをご紹介しましょう。肺から空気を全部出すように、息を吐いて、出来るだけ長く呼吸を止めます。意識を失うほどはしないでくださいね。低酸素症になり、よろしくありませんから。これ以上息を止めていられなくなったら、力強く息を吸って、これを繰り返します。肺への空気の流れで、組織に酸素がいきわたり、血液がより早く押し出されます。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です