地球への隕石の衝突があと10秒遅かったら?

地面の揺れで、目覚めてしまいました!驚くことなかれ。ディプロドクスが家の横を通っただけ…。と、窓の外を見ると…大変!ジュラシックパークに紛れ込んでしまったわけではないですよ。これは、隕石が、実際より数秒遅れて地球に激突した場合に起こりえたはずの景色です。

ハイ、ここでお話ししているのは、6500万年前に実際に地球に激突して、惑星中に混乱を引き起こして恐竜を絶滅させた、「あの」隕石のことです。しかし、衝突があと10秒遅かったとしたら、今日(こんにち)の地球はあり得なかったということがわかりました。それでは、ありえたかもしれない世界での生活がどのようなものかを、あなただけにお見せしましょう。

タイムスタンプ:

視力が良くなる 0:59

ペットの恐竜 😊 1:59

多くの動物は出現しない?!4:22

賢い恐竜 6:22

乳製品なし 🥛7:18

あの不吉な隕石 9:06

#隕石 #恐竜 #ブライトサイド

概要:

– 恐竜には色覚があり、うまく身を隠すことは簡単ではありません。多くの恐竜はマルチカラーで、このお陰で自分達が住む環境にうまく隠れることができていました。

-カモフラージュが得意な恐竜が原因で、人間の視力はより鋭く発達するでしょう。そうでなければ、うまく隠れた恐竜を見つけられませんからね。

-隕石が地球に激突する前の実際の世界では、地球の大部分は熱帯雨林で覆われていました。ヴィーガンの恐竜は、巨大で、のろまで、不器用です。

-架空の世界では、隕石の衝突で恐竜が絶滅しなかったため、彼らは進化して栄養価の高い植物を食べることができます。花をつける植物、ベリー類、フルーツです。

-こうなると、恐竜は小さくなっていきます。恐竜の多くは木の上で生活するようになり、蜜を飲むようになるでしょう。

-これらの小さな動物を手なずけることができる人間も現れます。これ、先ほど踏みかけたペットです。

-彼らの進化経路をたどってみると、恐竜は哺乳類が進化・発達することを妨げます。そのため、恐竜世界では、実際の世界よりも、人間の出現が遅れるでしょう。

-今皆さんが旅している世界では、隕石の衝突が少し遅かったとはいえ、地球自体はそこそこ同じように発達しています。現在地球に生息する有蹄哺乳類、哺乳類、捕食動物の多くは、出現しないでしょう。

-モグラやトカゲのように、穴で多くの時間を過ごす小さな恐竜が現れます。恐竜の中には、柔らかい毛を生やすものまで出てきます。一方、より硬く毛をふさふさに生やすものもいるでしょう。

-他にも、我々の世界と恐竜で満ち溢れた世界との違いに気づくはずです。例えば、牛や他の有蹄動物が存在せず、恐竜がミルクを作り出すこともできないため、スーパーに乳製品は並びません。あるとしても、エキゾチックなもので、かなり高額であるはずです。

-この隕石は地球に衝突し、急激な気温の低下と、当時地球に生息していたすべての生き物の4分の3の絶滅を引き起こしました。

-しかし、隕石の衝突が数秒遅かったとしたら、隕石は深い海の中に落下していたはずなのです。水が激突の衝撃を吸収し、結末はあまり劇的にはなりません。

-秒速32キロの速度で地上に激突して、埃、土、石の雲をまき散らし、それらは大気の上部層にまで立ちこめ、宇宙にも到達します。

-海の生き物は、この激突の影響からは守られました。しかし、しばらくすると、プランクトンは太陽の光がないため生き延びることが出来なくなり、プランクトンがいなくなると、これを主食にしている魚も生きられません。

-衝撃が起こった際に冬眠していた、または巣穴で生活していた生きものは生き延びることができます。しかし、空腹には勝てません。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です