飛行機に丸い機首と尖った機首がある理由

868名の乗客を収容できる巨大なエアバスA380や、小さめのボーイング747などのほとんどの旅客機は、丸い機首です。一方、機首が尖った旅客機もあります。軍事機の機体の機首も全て尖っています。一体どういうことでしょうか?

飛行機には、2つのタイプがあるんです。速度が音速より遅い、時速1,235キロ以下のサブソニック。音速よりも早く移動する、時速1,235キロ以上のスーパーソニック。機体が移動するスピードに応じて、機体の形を航空機メーカーが決めます。

タイムスタンプ:

スーパーソニックの機体が丸い機首だったらどうなるか 1:44

宇宙船の機首が丸い理由3:29

窓のない飛行機 4:28

電動飛行機 4:52

炭素繊維でできた飛行機5:57

スカイ・ホエール 6:59

V型航空機 8:43

#飛行機 #未来 #ブライトサイド

プレビュー出典:

コンコルド 1 94-9-5 kix: By spaceaero2 – Self-photographed, CC BY-SA 3.0 https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7439583

アニメーションはブライトサイド製作です。

概要:

-サブソニックの機体には、丸い機首が採用されています。それによって、フライト中、空気が機体の周りをより自由に移動することが可能になります。

-サブソニック航空機の丸い機首に最初に空気が当たると、衝撃波を生み出します。

– 2003年に飛行を終了した有名なコンコルドを例にとってみましょう。機首が尖っていれば、スーパーソニックの機体は、最大、音速の2倍の速さで飛行できます。

-飛行機が音の壁を越えて高速で飛行すると、熱が増してきます。そのため、最も速度の速い機体はチタン製なのです。

-いずれにせよ、数十年も経てば、航空機の機首の形など、関係なくなる可能性があります。機体そのものが、全く異なる作りになっているかもしれないからです。

-例えば、予測されていることの一つは、全く窓のない飛行機!

– 2050年までにはすべての飛行機が電動化して、空の旅はかなり環境にやさしくなります。

-数十年もすれば、飛行機からは尾翼が消えているかもしれません!

-アルミ製の飛行機が、炭素繊維製になるのを目撃する日が来るかもしれません。

-不思議な形の変わった飛行機も登場するかもしれません。例えば、未来の飛行機はボックスウィングデザインの可能性があります。

-スカイホエールという機体も、おもしろいプロジェクトです。この機体は、世界最大の旅客機になり得るでしょう。

– 「フライングV」の機体についてどう思いますか?このような変わった形が、機体をかなり効率的にしてくれます!また、V型の飛行機は、かなりの長距離飛行も可能にするはずです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です