空っぽの電車を毎日走らせる理由

月曜日から土曜日まで、午後5:16、リーズから小さなイギリスの町、スネイスに電車が向かいます。はじめ、車両は人で溢れかえっています。リーズの町では普段のラッシュアワー。しかし、各駅にとまっていくうちに、電車の乗客が減っていきます。

55分後に最終駅に到着すると、もう電車には誰も乗っていません。自動販売機も、切符売り場も、駐車場も、タクシーもない駅に停まります。時間がとまってしまったかのようで静かで不気味です.

タイムテーブル:

イギリスにゴースト列車はいくつあるか 1:34

ゴースト駅ハンター! 2:34

なぜ空っぽなのか? 3:20

なぜ走らせ続けるのか 4:09

将来的にはどうなるか 4:51

生まれ変わり 5:38

別の国 6:14

本物のゴースト列車 7:23

#ゴースト列車 #列車 #ブライトサイド

概要:

-帰りの切符ですか?あらかじめ買っておかないと、購入は無理。この駅には誰もいませんから…リーズに戻れるのは、次の日の朝7時16分か、夜7時1分…

-これらの空っぽの列車は、普通の列車として分類されています。そのため、「ゴースト列車」のはっきりとした数はわかりません。見つけるためには、1日2本以下の時刻表を探してみましょう。

-人がたくさん乗り込んだゴースト列車を見つけたら、きっとあなたのような冒険好きですね!

-ティム・ホール・スミスとリズ・モラリーは、ゴースト列車の大ファン。過去25年で、50のゴースト駅をめぐってきました。

-旅客列車の使用は、1995年以来2倍に増加しました。より長い距離を移動する乗客も増えています。

-ゴースト駅というものはゴーストタウンに存在します。多くの乗客は、そこまで行きつく前にすでに電車を降りています。最終駅には…誰も住んでいないためです!

-驚くべきことに、鉄道会社にとっては、そのルートを閉鎖してしまうよりも走らせ続けるほうが利益になるためです。

-ルートを閉鎖してしまうためには、まずこの閉鎖によって乗客、交通環境、経済にどのような影響があるかを見極めなくてはいけません。

-電車を走らせ続けるもっとポジティブな理由も存在します。これらのルートが頻繁に利用される可能性です。

-ということは、古いゴーストタウンの再生の希望からルートを維持する価値はあるのでしょうか?もちろんです!ルートによって、活動が活発になってきているところもあります。

– イギリスでは、他の国に比べてゴースト列車は多いかもしれません。

-別の国では、空っぽの列車ということで乗客をかなり怖がらせてしまうこともあり得ます。これこそ、2016年にベルギーで起こったことです。

-列車は12キロ進んで、最終帝に別の運転手が動く列車に乗り込み、列車を停止することに成功します。

-これは、1911年の夏に起こりました。イタリアの鉄道会社、サネッティは、国中を回る100名の乗客を乗せた観光列車を運行させます。

-列車はトンネルに突入したのですが…反対側から出てくることがなかったのです!どうやら、列車が山に近づいていく際、厚い白い霧に突然囲まれたと言われています。

-トンネルは、徹底的に調査をされました。しかし、衝突の痕跡もなく、列車がトンネルに入ったという証拠すら見つかりません。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です