車の窓に小さな黒い点がある理由

時々、交通渋滞に巻き込まれてしまうことってありますよね。そんな時、皆さんは何をしますか? フロントガラスをぼんやりと眺めて時間を潰しますか?でもそうすると、端の部分に小さな、黒い点があることに気づくはずです。「これは一体何のためにあるんだろう?」と、疑問に思ったことはありませんか?

車の中で、「一体何のためなんだろう?」と疑問に思うのは、黒い点だけではないはず。さらに、下向きの矢印が付いているAS1と書かれた印や、リアガラスにある横線、さらにメーターパネルに点灯している雪の結晶のランプに気づいて、「何だろう?」と思ったことがある人も多いのではないでしょうか? では、それらの秘密を明らかにしていきましょう! 

タイムスタンプ:

黒い点がある理由 0:42

ASライン 2:59

リアウィンドウの線 4:11

雪の結晶のランプ 5:05

燃料計の三角形 6:05

眠気検知器 7:06

安定性コントロール 7:51

ドアの上の手すり 8:28

会話用のバックミラー 8:58

カスタマイズ可能なメーターパネル 9:29

🚘 自分の車の中にある余分な収納スペースを見つけてみましょう! 🚘 9:57

#車 #運転 #ブライトサイド

概要:

– フロントガラスの周りに帯状になっている黒い点の集まりは、フリットと呼ばれるもので、フロントガラスを固定しているシーリング材を保護するためのセラミック塗料なんです。

– 窓の黒いフリットの部分から透明な部分にかけて綺麗なグラデーションがかかっており、安全機能の役割も果たしています。

– 黒い点は、温度を均一化し、光学的歪みを最小限に抑える役割があるのです。まあ、簡単に言えば、それがないと、フロントガラスは変形してしまうということです。

– バックミラーの上の部分にある黒い点は、運転中に太陽から目を保護するという重要な役割があります。

– AS1というのは、ガラスが75%以上の光を通過させるということを意味し、線と矢印は「ここから下の部分」という意味です。

– 皆さんは、車のメーターパネルに、小さな雪の結晶のランプが点灯しているのを見たことはありますか? これは霜か凍結に対する警告で、外気温が下がりすぎると、自動的に点灯し、道路が凍結しているかもしれないということを教えてくれるものです。

– 燃料計の三角形は給油口がどちら側にあるのかを教えてくれるものなんです! ちなみに、給油口の方向に関しては、厳密な規制がなく、車のどちら側にあっても大丈夫なようです。

– 眠気検知器はまさに名前通りの機能で、運転手が車を長時間運転していることや、車線からゆっくりと逸れ続けることを探知した時に、点灯するようになっています。

– 安定性コントロールは、車がスピンしそうになったり、曲がり切っていないと、コンピューターによって判断されたりした時に、メーターパネルに、小さな横滑りしている車のアイコンが点灯するというもの。

– この手すりの本来の目的は、車に乗り降りする際に、掴まるためのものなんです。

– ほとんどのミニバンやSUVには、バックミラーの前にあるコンパートメントが開き、もう一つの鏡が出て来るようになっています。これは子供や、ペット、または後部座席に乗っている人に、目を向けるためのもの。鏡を通して、後ろを見ることができるので、道路から目を離す必要がないんです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:宮司道章造(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です