給油中に携帯を使用すべきでない理由

人は1日平均4時間スマホに興じます。つまり、1週間のうち1日は、私たちの目はスマホに釘付けになっているという計算です!時々画面を見るのであれば問題はありませんが、スマホをポケットから出さない方が良い場所というものが存在します…

しかし、友達にメールしながら車に乗り込んだために、車の屋根に飲み物を置きっぱなしにしたことはないですか?(こんなのしょっちゅうありますよね。)そんな状況を踏まえると、多くのガソリンスタンドで、ガソリンを入れている間の携帯の使用を控えるようにお願いする理由が分かるかもしれません。あれ、これってスマホが電波やら電気スパークやら出して、ガスに点火するのを防ぐためでしたっけ?真相を解明してみましょう!

タイムスタンプ:

携帯電話がスパークを出すことはあるか 😮 0:37

ノズルを壊したらどうなるか1:12

搭乗中の飛行機3:23

1990年代には深刻な問題だった理由4:47

病院でのスマホの使用 7:35

#スマホ #安全に #ブライトサイド

概要:

-これらの看板は、不注意なドライバーが給油中にノズルを給油口から離してしまわないようにするためなのです!ノズルが外れてしまうと、ガソリンがそこら中に漏れて、火がつく可能性があります。

-幸いにも、これは昔に比べれば大きな脅威ではありません。現在のほとんどの給油機には、強く引くと給油口が閉まるようになる離脱ノズルという機能を搭載しています。

-いずれにせよ、運転手や保険会社は、破損した機材の責任を負わなくてはいけません。運転手がラッキーなら、壊してしまった部品の交換費用を請求されるだけでしょう。

-飛行機に乗っていて、離陸の際に電子機器の電源を切るように言われることがあるかと思います。まず、ワイヤレスデバイスから発せられる電波は、飛行機の電子機器に干渉します。

-携帯による干渉は、現代のテクノロジーのお陰で、それほどの問題にはなり得ません。しかし、携帯電話が主流になり始めた1990年代には大きな問題でした。

-この時代のデバイスは、近くにある電子機器に干渉をすることで知られており、航空会社が避けたいリスクでした。

-さらに、電波が飛行機の通信に干渉するという問題もあります。これも、それほど劇的なものではないですけどね。

-飛行機の中で携帯電話をオフにしておくべき3つ目の理由は、ワイヤレスキャリアに関係しています。

– 基地局は、ユーザーの行きそうな場所を想定して設計されています。音速に近いスピードで地上何千メートルを移動、というのは、もちろん「ユーザーの行きそうな場所」には含まれていません。

– 良いお知らせは、このようなリスクはなかなか起こらないということです。また、飛行機に乗っている人が携帯を使用したことが原因となった大きな事故も、いまだ例がないというのが現状です。

– 研究が示しているように、電子機器は敏感な病院の機材に影響を及ぼすことがあるからです。

-科学者たちによれば、安全を確保するためには、1メートル以上離れる必要があります。しかし、完全に安全性を維持するためにも、同じ部屋の中では携帯電話を使用しないでおくことが推奨されています。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です