飛行機の半分が空席でも運航していた理由

飛行機は現代技術が生んだ素晴らしい発明ですが、ファーストクラスに乗らない限り、あまり楽しいものだとは言えないはずです。 多くの人が一番嫌がるのは、機内が物凄く混雑しているということ。ビックリするかもしれませんが、一昔前のフライトでは、座席が半分以上埋まることは滅多にありませんでした。 では、一体なぜこんなことが起こっていたのでしょう?

数か月前からフライトの予約をしなければならない現代では信じ難いことですが、当時は気が向いた時に空港に行けば、希望する飛行機にほとんど乗れる時代だったのです。さらに、運が良ければ、一列全て占領することだってできたのです!

タイムスタンプ:

ゆったりしたスペースがあった時代… 0:31

… そして、その時代に終止符を打ったのは 3:49

意図的なオーバーブッキング 4:42

環境への影響 7:54

#飛行機 #航空 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 1970年代のアメリカでは、政府が空の旅を厳しく制御していました。

– 航空会社が自らの方針で全て決定できるのは、各ルートで1日に何便運航するかぐらいでした。

– 市場範囲の拡大や、価格競争が出来なかったので、航空会社は競合他社から抜きん出るために別の方法を見つけなければなりませんでした。そして、その解決策は「チケットの入手のしやすさ」だったのです。

– 脚を伸ばせてリラックスできるのは嬉しい事ですが、ゆったりしたスペースには代償が伴います。

– 1979年の航空運賃の平均価格は、今日(こんにち)の金額に換算すると約65,000円です。それに比べて、2015年の平均価格はわずか42,000円。

– これらの余分なフライトは航空会社の収益にのしかかっており、その分のコストは消費者が負担していたことになります。

– ゆったりしたスペースがあった時代に終止符を打ったのは2つの出来事でした。1つ目は、連邦航空局の規則緩和です。

– 価格統制と制限つきのルートから解放され、コストが低下したので、航空会社間で価格競争が始まりました。

– 2つ目の重要な変更は、技術の発達によるものでした。 1970年代のようなアナログの世界では、土壇場で価格を調整することはあまりありませんでした。

– 現代の航空会社には、座席の価格を決定するための専用プログラムを制作している部門があります。

– その上、航空会社は日常的に、飛行機の座席数よりも多くのチケットを販売しているのです。

– オーバーブッキングの問題は、実際には想定以上の乗客が現れ、飛行機に乗れない人が出てきてしまうということ。

– 2000年に10社あった主要航空会社は、2017年には、わずか4社になりました。

– 70年代は乗客にとっては素晴らしい時代だったかもしれませんが、余分なフライトはすべて、環境にとっては良いものではありませんでした。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です