スクールバスの屋根が白い理由

映画でよく見るアメリカのスクールバス。スクルールバスと言えば、黄色いですよね?でも、屋根だけなぜか白い…一体なぜ?その疑問にお答えします!

後半では、少し変わったスクールバスを紹介していきます。例えば、オランダの人口のほぼ50%は、毎日自転車に乗って仕事に行きます。そこで、政府は4歳から12歳の子供たちが、同じ方法で学校に通えるバスを考案しました。このバスには運転手、ペダルを漕ぐ8人の生徒、そして後ろのベンチに3人の生徒が乗れます。

タイムスタンプ:  

理由#10:19

理由#2 1:24
理由#3 1:40
珍しいスクールバス
―モンスタートラック 1:55
―ピカチューバス 3:55
―人力車バス 3:05
―スクールイエローボート 3:33
―逆さまのバス 4:14
―自転車バス 4:36
他の面白い公共交通機関
―懸垂式モノレール 5:29
―動く歩道 5:52
―磁気浮上式鉄道 6:25
―トボガン 7:01
―ゴッサム・エア 7:32

#バス #スクールバス #ブライトサイド

概要:

―スクールバスの屋根が白いだけでも、暑い季節には車内の温度が平均10℃下がり、冬には3~4℃しか下がりません。

―緊急時には、救助ヘリコプターが見つけやすいという利点もあります。

―最後に、工場で完成されるバスは白いものが多いので、天井をそのままの色にしておくのは節約にもなるんですね。

―大阪のとある幼稚園バスのデザインはなんとピカチュウをモデルにしたもの。

―自転車に固定された金属製の箱…これこそがまさに、人力車です!この交通手段は、インドのさまざまな地域で取り入れられています。

―植物油で動く逆さまのバスは、子供たちに環境に優しい代替え品について教育し、再生可能エネルギー源を探す重要性について教えているそうです。

―自転車バスは時速16kmで走行でき、上り坂の時やペダルを漕ぐのに疲れた時は、手助けしてくれるモーターが搭載されています。

―懸垂式モノレールは、吊るタイプの車の中では最古の電気高架鉄道です。1901年に作動を開始しました。

―香港に行く機会があったら、街の中心部と、より高い住宅地を結ぶ、世界最長の野外エスカレーターをご利用ください!

―上海には、世界で最速の列車があります。リニアモーターカーとも言われる磁気浮上式鉄道は、なんと最高時速430kmで走行可能。わずか8分間で34kmも走しり、空港から街に移動するにはとても便利。

―トボガンとは、2つの木製の滑走部の上に、枝網みしたバスケットを設置した乗り物で、油を塗った布の上を滑ります。ポルトガルのマデイラにある有名なアトラクションで、距離は約1.6km。

―マンハッタン島からJFK、またはニューアーク空港に行かなきゃいけない?では、ヘリコプターに乗ってみましょう!このサービスはゴッサム・エアと呼ばれていて、2015年に開始されました。また、乗客は時間の節約ができるんです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:加賀美祥(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です