テレビゲームが脳と体にいい理由

テレビゲームは良くない、とよく言われますよね。目に悪い、背中に悪い、交友関係に悪い…しかし、そんな反対意見を投じる人達にこの動画を見せて、ゲームをするメリットを証明してやりませんか?

読んだり集中したりすることに苦労する人もいるでしょう。しかし、ゲームをする人は、情報をより容易に処理できます。即興力を育てて、結果、予期せぬ困難に迅速に反応して、プレッシャーの中でより良い判断を下せるようになります。オンラインゲームでは、お互いのことを知って、好きなことを共有できる新しい友達を作ることができます。しかも、これだけではないですよ!

タイムスタンプ:

マルチタスク 0:21

暗闇でものが見える 1:02

視力の問題を改善 1:42

不快感に対する耐性が高まる 2:12

リハビリ効果2:49

老化予防 3:15

記憶力UP 3:56

運動神経を向上 4:16

認知プロセスの向上 4:47

ストレス解消 5:13

意思決定が早くなる 5:39

読書障害に役立つ 6:04

リーダーシップ能力 6:21

学習 6:41

コミュニケーション 6:54

肉体的な運動 7:15

#ゲーム #テレビゲーム #ブライトサイド

概要:

– プレイヤーは、常に異なるミッションをこなしています。ひとつのことから別のことへ移行することに慣れているのです。プレイヤーの脳は、常にストレス状態にあります。しかし、悪いタイプのストレスではありません。

-『コール オブ デューティ』や『Quake(クエイク)』などのゲームは、夜間の視力を改善してくれます。これらのゲームでは、動く影、黒いもの、シルエットなど、ゲームフィールドでの小さな変化に気づかなくてはいけません。

-画面には明るいスポットがたくさん表示されるため、明るい色への反応が訓練され、視覚がより鋭敏になるのです。

-辛い治療を受けた人が、治療中にゲームをすると気分がかなり良くなったということを、研究者たちが証明しています。

– テルアビブ大学の科学者たちは、パソコンゲームやテレビゲームをする患者は、従来の治療を受けている患者に比べて、より早く手の動きが回復するということを発見しました。

-肉体的な運動が体に影響を及ぼすように、テレビゲームは脳の運動になるんです。

-最新の研究では、記憶を担う脳の海馬は3Dゲームをすると変化することが証明されました。

– テレビゲームは、目から入ってきた情報を処理し、体に指令を出す訓練に適しています。この影響はかなり大きく、外科医の研修の一環としてもゲームを利用しています。

– お気に入りのゲームをすることで、注意力、配慮、現実の認識力を育くむことができます。

– はるかかなたの惑星で何万もの敵を消し去ることほど、ストレス解消にいい方法なんかありませんよね。

-音を識別して、脳の眠った部分を目覚めさせるための特別なゲームも存在します。

こうすることで、集中力を高めてくれるのです。

-多くのゲームは、実際の歴史的出来事に基づいています。そのため、自然と歴史を学べるのです。

– 『Wiiスポーツ』や他の類似ゲームでは、時速5キロの速度で歩くのと同じだけの運動ができます。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

 さくらい声優事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です