外国人には理解し難いイギリスの住宅の特徴18選

イギリスは何世紀もの伝統のある国なので、その文化の中には外国人にとって奇妙に思えるものもあります。 でも、イギリス人にとっては、他の国のやり方が違うというだけで、物事を変えるつもりはないようです。

例えば、イギリスではお湯と水の蛇口が分かれているというのを知っていましたか?さらにお湯の出る蛇口は、不可能でない限り、常に左側に取り付けなければなりません。さらに、イギリスではバスルームにコンセントがありません。イギリスではバスルームにコンセントがありません。さらに、安全規則では、水の中にいる時にはコンセントを差し込めないということが決められており、それは安全性のためなのです。

タイムスタンプ:

2つの蛇口 0:24

水道法 1:30
バスルームの電気 1:52
プラグ 2:28
洗濯機がキッチンに置いてある 2:55
電気のスイッチが逆 3:18
カーペット 3:37
クローゼット 3:55
窓 4:11
エアコン 4:44
覆われた窓 5:11
家の中が寒い 6:15
家の正面にあるパイプ 6:45
ゴミ箱 7:03
小さな庭 7:51
郵便配達 8:22
牛乳配達用の扉 8:52

#イギリス #英国 #ブライトサイド

音楽:

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

概要:

– 当局はリステリア症の発生を避けるために、お湯と水を混ぜることを禁止しました。

– イギリスの電圧は北米よりも高く、感電を防ぐために、ひも式の照明のスイッチまであります。どんなに濡れていても、絶対に安全であるようデザインされています。

– 電源コンセントには「オン」にするためのスイッチがありますが、これは、コンセントをオフにするだけで、充電後にデバイスを取り外す必要がないので便利かも知れません。

– 浴室にコンセントが無いので、洗濯機はキッチンに置かれています。

– イギリスの電気のスイッチは他の国とは逆向きになっており、明かりをオンにする時には下を押して、オフにする時には上を押すようになっています。

– 家中どこでも床一面にカーペット敷かれていて、何とトイレにまで敷かれていることも。 その他にはオプションがないので、家を購入する際や借りる場合でさえ、このことが広告の中で触れられていることはありません。

– 窓は外側に開くか、上下に開閉し、内側に開くことはありません。 まあ部屋が狭い場合には都合が良いかも知れませんが、窓を掃除するのは大変ですよね?

– 通常、夏の間でも気温があまり高くはならないので、イギリスの住宅にはあまりエアコンが装備されていません。

– 1696年に導入された窓税は、家の窓の数に基づいて課税するというものでした。

– イギリス人は寒い季節でも家の中を余り暖かくしないようです。暖房にかかる費用が高いので、巨額の請求書を受け取るよりも暖かい服を重ね着することを好みます。

– 知らない人ならビックリしてしまう、もう1つの特徴は、上下水道管が地下ではなく、家の正面に取り付けられているということ。

– イギリスでは、ゴミ箱が、まるでオーナーが誇っているかのように、正面玄関の近くに置いてありますが、その理由はかなり実用的なものです。これは、ごみ収集作業員の効率を上げるために行われています。

– イギリスでは町の大通りに面した家では幅がわずか数メートルしかなく、裏庭も物凄く狭いのです。それでも、脇道の家に住むよりは、かなりの費用がかかってしまいます。

– 正面玄関のドアには郵便用の細長い隙間があり、手紙や新聞はそこから床に落ちるようになっています。 その隙間がない場合、郵便物をドアの下から滑り込ませます。

– 古い家の扉には牛乳配達用の小さなドアが付いています。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です