船の船こくに赤い塗装を使う理由

皆さんが船を最後に見たのはいつですか?さて、港に停泊しているクルーズ船やコンテナ船を思い浮かべてください。船体の下の部分が、必ず赤色に塗装されていることに気づくのではないでしょうか?水中に隠れているステキなペイントが目に触れるわけではないなら、何の目的があるのでしょうか?

かつて、船はほとんどが木製。そのため、船乗りは、水につかっている部分の船体を銅ペイントでカバーしなくてはなりませんでした。木をダメにする回虫、フジツボ、海藻から船を守るためです。ペイントの赤色は、この銅から来ているのです。では、現在でも赤色を使用する理由は何でしょうか?

タイムスタンプ:

赤い塗装の理由 0:27

船の面白事実:

– 海で迷子になる貨物の数 2:35

– 最大の貨物船 3:17

– 外界とのコミュニケーションゼロ4:02

– 船のスピード 4:18

– クルーズ船の高さ 4:48

– 長期クルーズ(私も行きたい) 6:16

– クルーズ船の錨の大きさ 6:47

-バーチャルバルコニー 8:10

– クルーズ船の大きさ 9:22

#船 #クルーズ船 #ブライトサイド

Summary:

-最近では、特別な船体保護成分が、すべての塗料に含まれています。しかし、かつての海洋界の風習にならって、船殻は、今でも赤色にペイントされているのです。

-よく見てみると、船首に向かって、船殻の上に垂直に数字が印字されていることにお気づきの方もいるのでは?赤い背景のお陰で、これらの数字がよく目立ちます。

-特別な塗料でどれだけ船殻を保護したとしても、完全にフジツボや、その他のものの成長を妨げることは出来ません。

-およそ95%のすべての貨物は、船によって輸送されています。

-今この瞬間に、少なくとも2,000万個のコンテナが世界中を旅しています。

– 1年もすれば、平均的なコンテナ船は、月に行って帰ってくる距離の4分の3を移動します。

-最も大きな貨物船は、7億4500万個のバナナを積んだ、18,000個のコンテナを運ぶことが可能!

-マースクは、1996年以降、最大のコンテナ船オペレーターとして君臨しています。同企業のコンテナのみを積み上げたとしたら、エッフェル塔7,530個分になります。

-世界中の船のクルーの3分の1は、海に出ている間、外の世界とのコミュニケーションが一切ありません。

-クルーズ船は、頻繁に救助作戦を行います。皆さんが乗っている船が、助けを必要としている漁師さんたちを救助するのを目撃しても、びっくりしないように。

-クルーズ船のキャビンは、船とは別に作られています。そうでなければ、建設のための十分なスペースが足りないのです。

-クルーズ船の壁は、金属製で、主な理由は、火事を避けるためです。

– 1週間のクルーズの間に、巨大船の船客は、800キロのコーヒー、4,000キロのレタス、45,000個の卵、20,000個のアイスクリームのコーンを消費します。

-クルーズ船には医師や看護師が乗船していますが、歯科緊急事態の場合は、どうしようもできません。

– クルーズ船は、たくさんの燃料を消費します。例えば、巨大な船であれば、460,000リットルの燃料を毎日消費します。

-最大のクルーズ船には、2,000人以上のクルーメンバーが乗り込んでいます。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:宮司道章造(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です