異常な暑さで飛行機が飛べない理由

出発ラウンジに座っていて、美しく、眩しいくらいの太陽を目にしているときに、このアナウンスを聞くと、結構ショックですよね。雨雲や吹雪でないのであれば、何が問題なのでしょう?あぁそうだ、飛行機は異常な暑さでは、飛べないんです!

2017年の夏、フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港にて、50便が欠航、7便が遅延となりました。その理由は、気温が脳も溶けるほどの48度だったということ。超高性能技術の時代に、おかしいと思うかもしれませんが、空の旅は、異常に暑い日に影響を受けることがあるんです。これは、フライトの本質が関係しています。

タイムスタンプ:

飛行機が飛べる理由 1:47

極端な暑さでは飛行機は飛べないのか 3:56

異常に暑い気候の問題 5:19

天候に関係なく飛行機が離陸したらどうなるか 6:02

冷たい気候はどうか 7:17

風が強すぎで飛べないということはあるか? 8:20

雨で起こりえる最もリスクが高い状況 9:47

#飛行機 #航空 #ブライトサイド

概要:

-離陸の前に、パイロットたちは、空気の温度、湿度、高度、滑走路の長さなどの詳細な情報を手に入れます。

-揚力がなければ、飛行機は、飛び立って、空中に浮いていることができません。れは全て、翼と空気の動きを変更するための翼のデザインに関係しているんです。

– 空気の分子が、この変化に反抗するため、翼の下側にかかる圧力は、かなりのものになります。翼の上では、圧力は低いままです。

-大気は上空へ行けば行くほど薄くなります。ここで「薄い」と言うと、空気の分子の距離がより離れているということを意味します。

-暑い気候は、高い高度と同じ影響を空気に及ぼします。つまり、気温が高くなれば高くなるほど、空気が薄くなるというわけです。

-飛行機に寄りますが、特に小さな機体は、乗客やカーゴを減らすだけではとどまらず、フライトのスケジュールを変更しなくてはいけません。

-電子機器のオーバーヒート、ゴム部分の溶解、着陸時のブレーキ温度の上昇、機内の気温問題など、たくさんのことが異常に暑い気温で起こり得ます。

-どんなに外が熱くとも飛行機を離陸させなくてはいけないという状況で、地上に数名を残していくというのが、可能な解決策の一つです。

-寒すぎて、離陸できないというようなことは、あり得るのでしょうか?実は、機体は、寒い気候を好むのです。結局、飛行機というのは10,000メートル上空を移動するようにデザインされているわけで、高い高度では、歯もガチガチのマイナス50度ほどになることで知られています。

-飛行機は、乱気流に入っているだけという理由で、揺れ出すことはあまりないでしょう。航空エンジニアやメーカーは、機体をテストして、地上・空・異なる速度での限界を定めるんです。

-豪雨は、着陸において問題になり得ます。滑走路は、水がとどまらないようにデザインされています。

-もし水浸してしまった場合、滑走路上の水の量に応じて、パイロットは着陸速度と距離を調整する必要があります。ハイドロプレーニング現象は、雨の中で起こりえる、最も危険な状況です。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です