クルーズ船が遅い理由

船には、様々な形やサイズがあります。小型ヨットからキャビンつきのヨット、豪華クルーズ客船から、気味悪い程巨大なコンテナ船やタンカーまで。しかし、どの船も同じ要素を一つ共有しています。それは、エンジンが異常に強力であるにもかかわらず、このような力から期待されるようなスピードを生み出せないということです。.

現実には、期待の真逆。大きな定期船は1週間で大西洋を渡りますが、貨物船は同じことをするのに2週間以上を要します。しかし、西ヨーロッパの空港からニューヨークへ行くのに、飛行機では8時間しかかかりません。飛行機の方が断然早いのであれば、なぜ船を使うのでしょうか?。

タイムスタンプ:

船の積載量 1:14

世界一の貨物船 2:41

船が動くことが難しい理由 3:32

バルバス・バウとは 6:50

速いクルーズ船は存在するのか 8:12

海賊船を止める方法 9:13

海における自然の速度限度9:57

#船 #ボート #ブライトサイド

概要:

– 飛行機では何千トンもの貨物を運ぶことができません。乗客数に関しても同様です。船では、5,000人以上の乗客を一度に運ぶことができるのです。

– 一般的に、船は早く移動する必要がないため、ゆっくり進みます。船の目的は全く別のところにあります。船は積載量のために、スピードを犠牲にしています。

– 大きな船のエンジンは、かなりのスペースを必要とし、毎日大量の燃料を消費する巨大な発電所です。

– 飛行機は、飛行中、空に浮いてるために十分な速度を維持する必要があります。また、可能であれば、雲も避けるべきです。

– 残念ですが、船は船体を覆っている密度の高いものを常に対処しなくてはいけません。

– 弾丸のように早いものでも、水中では30メートルほどで止まってしまいます。そのため、船というものは動くこと自体にかなりの力を要するのです。

– 大きな船は、船体の一部が水位線まで、自然と沈みます。しかし、このラインは、船自体の重量で予測された水位です。そのため、貨物が積まれると、さらに深く沈んでいきます。

– 現代の船は全て、いわゆるバルバス・バウというものが儲けられています。これは、船の鼻先のすぐ下にある、水に沈んでいる部分のことで、船のタイプに応じて、個々にデザインされています。

– 現代の船は船体の周りに波を立たせず、速度が波にかなり影響を受けるということはありません。

– WP-18スペシャル・フォース・インターセプターは、SF映画で見るような船ですが、実存するんです。かなりのハイスピードである65ノット、時速約120キロで波を切り裂くように、船体のデザインが開発されました。

– トップスピードの快感は、常に人の中に存在します。これが、驚異の船をもう一つ生み出しました。ミスティック・パワーボート・C5000です。

– このボートで到達できる最高スピードは、驚きの時速400キロ!

– さらなるスピードを求めるのであれば、残念なお知らせです。海はこれ以上の速さを許しません。海が十分穏やかになることがないためです。

– ということで、海では時速約480キロがスピードの限界なようです。

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の提供

Koji Asano

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です