スティーブ・ジョブズがSNSを使わなかった理由

世界の半分が、1日に2時間〜6時間をSNSに費やしており、その数は上昇傾向にあります。

こんな世界を作り出してくれたのは、iPhoneの発案者で、アップルの共同創設者であったスティーブ・ジョブズのおかげといって良いでしょう。

しかし、ジョブズの人物像はというと、常に顔を上げて、大衆にプレゼンを行い、相手の目を真っ直ぐ見据えたり、世界を探求したりするような人物。手に持ったスクリーンに覆いかぶさっているような姿は想像できません。

スティーブジョブズは、SNSとは無縁の人物だったんです。フェイスブックはおろか、ツイッターを使うこともありませんでした。

タイムスタンプ:

点を集めるとは?0:49

ジョブズの学生時代 2:21

常に研究せよ 6:15

第三者に見られる危険 7:33

冗談は気をつけて 9:04

写真:

Apple director Steve Jobs shows iPhone: By Kremlin.ru, CC BY 4.0 https://creativecommons.org/licenses/by/4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=11161161

アニメーション:

Bright Side

概要:

-多くの発明者と同様、ジョブズは新たなアイディアを求めていました。彼は特に、人と人同士の会話を重視していました

-ジョブズはiPhoneを10人以上の発明者と共に開発しました

-彼がSNSを使用しなかった理由は、彼が現実世界で出会った小さな事柄から着想を得ていたからです

-創造性について話すとき、ジョブズは必ず点と点を繋ぐ作業について語っていました。しかしそれ以上に点を集める作業が大切だったようです

-ジョブズは大学を中退してはいたものの授業には聴講生として出席していました

-専攻科目に縛られなくなった彼は、興味が向いた授業を自由に受けていたのです

-そうして彼が出会ったのがカリグラフィの授業でした。この知識はやがてフォントの開発にまでつながることとなります

-ジョブズとは違い、画面に釘付けの生活を送っている人はものを調べることを怠らないように。そして自分のことは調べられないようにしましょう

-インターネットの鉄則は、うますぎる話には乗らないこと

-個人情報は後悔してはいけません

-冗談であっても、自分の過去として残り続けて困るものはネットに上げないようにしましょう

-2017年にはオンラインの冗談が原因で、ハーバード大学の学生たちがまとめて退学になるという事件がおこっています

-しかし、賢く使いさえすれば、SNSは便利なツールとなります

ストックマテリアル (写真、動画など):
https://www.depositphotos.com
https://www.shutterstock.com
https://www.eastnews.ru

エピデミックサウンド https://www.epidemicsound.com/

ブライトサイドのチャンネル登録 https://goo.gl/31w525
——————————————————————————————-

5分でできるDIY Youtube https://goo.gl/ffui6
落書きキングダム https://bit.ly/2Sy1lPk
123 GO! Japanese https://bit.ly/2JUFBwB
私たちの実録日記 https://bit.ly/2OHK5sk
わんぱくスライムサム https://bit.ly/2PheoFI
—————————————-
声の出演:荘司哲也(Studio Kiwi)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です